ドロ刑の2話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストの大泥棒は笹野高史

ドロ刑(引用:番組公式サイト

ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の2のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「ドロ刑」の2話のあらすじ

異動早々大物の泥棒を捕まえたことで、斑目(中島健人)は精鋭を集めたと言われる捜査三課の新設部署『13係』に配置されます。係には、美脚好きで捜査一課出身の元エリート、皇子山警部補(中村倫也)、バツ3で無類の酒好きで元スリ捜査専門刑事の左門、単独行動が好きで肉体派の元指名手配犯専門捜査官の勝手田(丸山智己)、ギャンブル好きで変装の達人の宝塚遥子刑事(江口のりこ)、音楽隊殻異動になった絶対音階を持つ小平美希巡査部長(石橋杏奈)、極度の人見知りで犯罪手口捜査のスペシャリストの細面(野間口隆)がいます。

係長は、自分の係を持つのが夢だったという鯨岡千里(稲森いずみ)です。

最初の事件は、住人が寝静まった家で盗みを働く“ノビ”という忍び込みの泥棒による事件です。滞在時間わずか5分で現金23万円を奪っていて、今年に入って同じ手口で24件起きています。冷麦こと細面が脳内パソコンで調べると、入った家で飴をたべてわざと痕跡を残す独特の犯行手口から、ノビの大物・通称“黒蛇”こと大堂吾郎(笹野高史)の犯行だと推測します。大堂という名前を聞いた勝手田(丸山智己)はなぜか怒りに震えて大声で叫びます。

一同は早速大堂の“ヤサ”(=家)を見つけ出そうと手分けして捜査を始めます。斑目は皇子山といっしょに大堂がかつてよく現れた沿線に行きますが、元捜査一課でプライドの高い皇子山は「こんなの俺がやる仕事じゃねえ」と帰ってしまいます。左門と瑤子、細面と美希がペアになりますが、やる気がなく捜査になりませんです。

諦めモードで駅前にすわりこんでいた斑目の前に煙鴉(遠藤憲一)が現れて、この間の飲み代を返してくれといいます。斑目はみんなやる気がないと愚痴ると、勝手田が必死になって張り込んでいるところに見せに連れて行きます。斑目が勝手田のために飲み物を買いに行ってると、大堂が現れて勝手田に話しかけます。大堂は、今度こそしっかり屋って捕まえてみろと捨て台詞をはいて歩き去ります。そこに斑目が帰ってきます。

勝手田はすぐに尾行しろと命じます。斑目はタクシーに乗った大堂を追いかけますが、お金が3000円しかなくて途中で見失ってしまいます。署に帰った斑目は勝手田におもいっきりおこられます。千里にとめられると、「やってられるかっ!」と言って勝手田は部屋を出て行きます。

その日の夜、斑目はいつものバーで煙鴉にグチをいうと、こんなところで自分だけ飲んで罪悪感はないのか?と怒られますが、斑目には他人事です。

翌朝、斑目が出勤しようとすると、家の玄関にお金をもらいすぎたと書かれた紙があります。そこには住所が書かれています。

斑目がその住所に行って見ると、大堂が家から出てきます。署に戻って千里に報告すると、全員で張り込みが始まります。行動確認して、そのままノビにはいったら現行犯逮捕する作戦です。

しばらくはりこんでると、真夜中に黒い服に着替えて大堂がでてきます。あとをつけようとすると、黒ずくめの男たちが前をさえぎります。斑目は逮捕されてしまいます。署に帰って千里に話を聞くと、神奈川県警の警察官達で、同じように大堂を追っていたことがわかります。管轄外で張り込んでいた13係に、職務質問しておいはらわれたんです。

美希は、そっちで逮捕してもらえればいいんじゃないかと言うと、千里は手柄も取られてしまうので駄目だといいます。そして、絶対先につかまえろと気合をかけましたが、みんな帰ってしまいます。けい

斑目はバーの煙鴉に、勝手田意外はやる気がなくて捜査中止だと報告します。煙鴉は、勝手田は10年前に大堂を取り逃がしてしまい、神奈川県警に手柄を取られてしまい左遷になったんだと説明します。そして、現行犯逮捕しかないと斑目にいいます。大堂も県警が張り込んでるのも知ってるし、逮捕された恨みも持ってるから県警には逮捕できないはずだから、そのすきを突けと言います。

翌日、大堂が入る家を予測してそこを張りこもうというと、みんなにそっぽをむかれます。千里は失敗したら斑目のクビをかけると言って、斑目にOKを出します。

早速、斑目は煙鴉といっしょに入りそうな家を物色し始めます。煙鴉はノビの考え方を斑目に教えます。

美希と細面は科捜研に行って、霞沙織(田中道子)に割り出してくれとお願いすると、滋賀県の家を特定してくれます。

千里が、県警が逮捕状を請求しそうだと言う情報を持ってきます。勝手田は、おそらく今夜踏み込むはずだと言って、張り込みます。夜になると、大堂が動き始めます。斑目は風邪で寝込んでしまいます。

大堂はある家に入ります。外には県警の捜査官達がはりこんでいます。とおくから勝手田が残念そうに見ていると、大堂がでてきます。すると、県警が押し寄せて逮捕することが出来ます。ところが、黒いフードを取ると、それは大堂ではありませんです。

スポンサーリンク

実は、大堂は替え玉を用意していたんです。大堂は別な家に侵入しています。すると、その家のベッドに斑目がねています。あらかじめ家の人に話して張り込んでいたんです。斑目がどういうことか説明します。ところが斑目が咳をすると目の前からいなくなってしまいます。大堂は窓から逃げ出していたんです。

すると、そこに勝手田が現れて逮捕することが出来ます。

翌朝、現場検証をしてると、煙鴉が現れます。斑目と話をしてるところを皇子山が見ています。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ「ドロ刑」の原作とDVD

原作の福田秀さんは、埼玉県出身でミラクルジャンプ2014年11月号(集英社)に、読み切り「JUMP OUT」が掲載されデビューされます。その後週刊ヤングジャンプ2016年1号(集英社)に「ハイヒール」が掲載され、同誌2018年5・6号より「ドロ刑」を連載している漫画家です。

【中古】ドロ刑 コミック 全7巻 全巻セット (コミック)

楽天で購入

 

DVDの購入はこちら

ドラマ「ドロ刑」のキャスト

  • 斑目勉 中島健人、やる気がない新米ダメ刑事
  • 煙鴉 遠藤憲一、幻の大泥棒
  • 鯨岡千里 稲森いずみ、捜査三課13係係長
  • 小平美希 石橋杏奈、元音楽隊
  • 皇子山隆俊 中村倫也、元捜査一課刑事
  • 宝塚遥子 江口のりこ、変装の達人
  • 細面隆一 野間口隆、手口捜査のスペシャリスト
  • 勝手田利治 丸山智己、元指名手配犯専門
  • 左門陽作 板尾創路、元スリ専門刑事
  • 宵町時雄 生島翔、バーのマスター
  • 霞沙織 田中道子、科捜研研究員

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ドロ刑~警視庁捜査三課」の2話のあらすじ(ネタバレ)です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました