ドクターXの5話のあらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは遠藤憲一!

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4弾の第5話のあらすじ(ネタバレ)です。続々と昔懐かしい人が復帰してくるようです。5話では、「元祖御意男」の遠藤憲一さんが復帰してくるようです。生瀬さんや吉田鋼太郎さん、勝村さん達のようなあくが強い人たちがどんどん増えていって、おもしろくなりそうです。

スポンサーリンク

ドクターX 5話のあらすじ

格下の大学病院による研究論文がアメリカの医学雑誌に取り上げられて。蛭間院長(西田敏行)は、黄川田(生瀬勝久)と西園寺(吉田鋼太郎)にはっぱをかけます。東帝大学病院のブランド力を上げて、お金儲けをするには、とにかく論文をたくさん書く事だと言って、手術を増やし、その症例の論文を書くことを指示します。そのために、難易度の高い患者を転院させて、治療することになります。

手術と手術の繰り返しで、おおくの論文が出来上がりますが、黄川田部長の内科の論文のタイトルがあまり良くないと、昼間にケチをつけられてしまいます。終いには、出身地のせいとまで言われてしまいます。その夜、何とかしようと内科のメンバーで居酒屋で愚痴を言いながら飲んでいると、部下の赤井富夫(長谷川朝晴)から、斬新な提案がされます。内科の主導で外科に手術させるということです。しかも、赤井が書いた論文で、世界初の新しい術式を使ったものということです。たまたまそばにいたスーパードクター北野が、出身地が北海道だということで、手術することに賛成します。

その手術のために、静岡からすい臓がんの患者、五島哲夫(土屋佑壱)が転院してきます。計画通り、内科の抗がん剤と免疫療法で小さくさせたすい臓がんを北野が手術することになります。

手術は、なんの問題もなく進んで、腫瘍も切除することができます。世界的な手術だということで、メディアにも取り上げられて、黄川田の株が一気に上がります。

ただ、あるマスコミに、赤井の描いた論文が盗用だスクープされてしまいます。アメリカのジョン・スターキー教授(イアン・ムーア)が書いた論文を丸写しして発表したとばれてしまいます。久保東子副院長は、チャンス到来とばかりに、全ての責任は昼間にあると、全員の前で言い切ります。

一方、すい臓がんの手術をした患者は、金属アレルギーです。それを見抜いた未知子は、再び手術をして、悪くなってしまった部分などを取り除いて、手術を成功させます。それを見ていた北野は、鬼の形相で悔しがります。

 

東子が動き出します。保身のために何でもすると言った赤いと一緒に記者会見をして、謝罪をします。が、原因は、蛭間の過重労働とパワハラにあるから、蛭間に聞いてくれと、責任をすべて昼間のせいにします。記者たちが帰った後、東子は、黄川田や西園寺たちを手なずけ、全員を引き連れて院長室に行きます。そして、蛭間に院長から退けと迫ります。「1日待ってくれ・・・」

まさに、本能寺の変です。

その夜、たまたま、金沢から海老沢がやってきます。挨拶だけして帰ろうとすると、「君しかいないんだよ」と、泣いて引き留められます。

スポンサーリンク

(⇒ 6話のあらすじ

ドラマ「ドクターX 」シリーズは、dTVで見れます。dTVは月額会費500円(税抜)で、見放題作品と個別課金作品を見ることができます。

ドラマ『ドクターX』シリーズは最新作をのぞいて見放題作品で、月額会費が31日間無料キャンペーンをしていますので、完全に無料で見ることができます。もちろん、無料期間中にやめてもお金は取られません。

こちらをクリックして公式サイトへ行って、31日間だけでも思いっきり楽しみましょう!

dTV公式サイトはこちら ≫

ドラマ『ドクターX』5話の感想

おもしろかったですね。まさか、本能寺の変が始まるとは思いもしませんでです。

ここまで、お医者さんの事をデフォルメして書いていたら、「地味にスゴイ!」のように怒る人もいないんだと思います。

ただ、今回は、あまり未知子の出番がなかったのと、それほど難しい手術や、北野ができない手術を横取りしてやってしまうような展開じゃなかったので、ちょっとさびしかったですが、来週に期待したいと思います。

ドクターXのキャスト

ドクターX(第4弾)のキャストです。今回の舞台は、東帝大学病院です。

  • 大門 未知子 米倉涼子、ドクターX
  • 城之内 博美 内田有紀、神原名医紹介所の麻酔科医
  • 神原 晶 岸部一徳、神原名医紹介所の所長
  • 黄川田 高之 生瀬勝久、内科部長
  • 赤井 富夫 長谷川朝晴、内科医
  • 加地 秀樹 勝村政信、外科医、准教授
  • 北野 亨 滝藤賢一、外科医
  • 西園寺 猛司 吉田鋼太郎、外科部長
  • 萬田 康介 瀧川英次、外科医局員、西園寺の部下
  • 南 幾子 草刈民代、広報部町
  • 久保 東子 泉ピン子、婦人科部長、副病院長、久保茂の妹
  • 白水 里果 田中道子、蛭間病院長の秘書、愛人
  • 久保 茂 竜雷太、病院長
  • 蛭間 重勝 西田敏行、新病院長

他のシリーズから引き続いてい出ているのは、主役陣を除いて、加地秀樹(勝村政信)、蛭間重勝(西田敏行)、久保茂(竜雷太)、黄川田高之(生瀬勝久)の4人です。他にも、ちょこっと出るかもしれませんので、少し楽しみです。

『ドクターX』各話のあらすじ

以上、「ドクターX」5話のあらすじと感想です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました