ドクターXの第10話のあらすじと感想!脅威の母体胎児同時手術!

「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4弾の最終回のあらすじ(ネタバレ)です。9話では、ライバル病院に出張して、ムズカシイ手術を成功させてしまいます。今回の手術はさらに難しい手術で、脅威の母体胎児同時手術ということらしいです。

スポンサーリンク

ドクターX 第10話のあらすじ

未知子(米倉涼子)と神原晶(岸部一徳)と城之内博美(内田有紀)が神社を参拝していると、外科部長の西園寺猛司(吉田鋼太郎)が、どう考えても自分の妻ではない妊婦に、安産のお守りを買ってあげています。その女性は、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻の十希子(黒木メイサ)です。

そのすぐ後に、産気づいた妊婦が飛び込みでやってきます。

十希子を検査すると、心臓疾患が見つかります。このままでは母子ともに危ない状態で、すぐに手術をしないとどちらも助からないということです。未知子が十希子に言いに行くと、心臓よりも子供を優先してくれと言われます。

王超がやってきます。王超も同じように子供を優先してくれと言います。その夜、未知子が城ノ内に話すと、同じように子供を大事にする気持ちはよくわかると言われます。

翌朝、回診時に西園寺が蛭間に相談すると、王超の意向を優先しろと言います。一方、東子副院長は母体優先だと叫びます。未知子は、昨日と同じように十希子に手術を勧めに行くと王超がやってきて、もめてしまいます。

その夜、東子副院長が神原名医紹介所にやってきます。なんとか、手術をさせたいようです。城ノ内の提案でふたたび精密検査を受けることになります。胎児にも大きな腫瘍があることが発見されます。胎児をあきらめるしか道はないようです。十希子と王超に相談しましたが、十希子はなんとか子供を助けてくれと言います。カンファレンスが開かれます。子供を中絶して母体を手術すると説明していると、未知子が母体胎児同時手術を提案します。副院長にやとわれたようです。手術は、一人では無理でしたので、北野 亨(滝藤賢一)が立候補して同時手術をすることになります。

十希子と王超にリスクを説明すると、王超は子供はあきらめようと言いましたが、十希子は、未知子に「この子供を何とか助けてください」とお願いします。

北野が手術を受けたのには、裏があったんです。北野は王超から中国の病院にヘッドハンティングされているようです。しかも、城ノ内も王超からさそわれているようです。ゼッタイに失敗できない手術です。

城ノ内がミスを犯してしまいまい、一瞬、胎児の心臓が止まりましたが、母子ともに手術は大成功です。

未知子はミスを許せずに二度と一緒に仕事をしないと言うと、中国に行く決心をした城ノ内は外に出ていきます。未知子が追いかけていくと、城ノ内がお腹を押さえて倒れてしまいます。救急車を呼ぶ未知子です。

(⇒ 最終回のあらすじ

ドラマ「ドクターX 」シリーズは、dTVで見れます。dTVは月額会費500円(税抜)で、見放題作品と個別課金作品を見ることができます。

スポンサーリンク

ドラマ『ドクターX』シリーズは最新作をのぞいて見放題作品で、月額会費が31日間無料キャンペーンをしていますので、完全に無料で見ることができます。もちろん、無料期間中にやめてもお金は取られません。

こちらをクリックして公式サイトへ行って、31日間だけでも思いっきり楽しみましょう!

dTV公式サイトはこちら ≫

ドラマ『ドクターX』第10話の感想

面白かったですね。まさか、胎児を手術するというのはびっくりします。胎児って手術でいるのでしょうか、あまり聞いたことがないですが、ドラマを見ていても、かなり、難しそうです。子供を思う気持ちは、やはりすごいですね。

次回は、最終回となります。城ノ内が局所進行膵がんで、しかもかなり進んでいてさすがの未知子でも難しいようですが、アメリカからやってきた別の患者の手術の術式を利用して、何とかするようです。最後はやっぱりハッピーエンドで終わってもらいたいですね。

ドクターXのキャスト

まずは、ドクターX(第4弾)のキャストを見ていきます。今回の舞台は、東帝大学病院です。

  • 大門 未知子 米倉涼子、ドクターX
  • 城之内 博美 内田有紀、神原名医紹介所の麻酔科医
  • 神原 晶 岸部一徳、神原名医紹介所の所長
  • 黄川田 高之 生瀬勝久、内科部長
  • 赤井 富夫 長谷川朝晴、内科医
  • 加地 秀樹 勝村政信、外科医、准教授
  • 北野 亨 滝藤賢一、外科医
  • 西園寺 猛司 吉田鋼太郎、外科部長
  • 萬田 康介 瀧川英次、外科医局員、西園寺の部下
  • 南 幾子 草刈民代、広報部町
  • 久保 東子 泉ピン子、婦人科部長、副病院長、久保茂の妹
  • 白水 里果 田中道子、蛭間病院長の秘書、愛人
  • 久保 茂 竜雷太、病院長
  • 蛭間 重勝 西田敏行、新病院長

他のシリーズから引き続いてい出ているのは、主役陣を除いて、加地秀樹(勝村政信)、蛭間重勝(西田敏行)、久保茂(竜雷太)、黄川田高之(生瀬勝久)の4人です。他にも、ちょこっと出るかもしれませんので、少し楽しみです。

第10話以外のあらすじ

以上、「ドクターX」第10話のあらすじと感想です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました