dele(ディーリー)の最終話のあらすじ(ネタバレ)と動画。

dele

(引用:番組HP

ドラマ「dele(ディーリー)」の最終話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

最終話のあらすじ

祐太郎(菅田将暉)は、父親や母親と一緒に祐太郎の妹・真柴鈴(田畑志真)の墓参りに行ってます。

そのころ、ある病院で一人の男が亡くなります。その最後に、一緒にいた男に、自分の罪はもっていくけどあなたの罪は委ねましたとつぶやきます。その亡くなった男の手帖には、家族といっしょに楽しそうに笑ってる祐太郎が写ってる写真がはさんであります。

 

「dele. LIFE」に亡くなった後にデータの削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)のパソコンが24時間操作されていないという信号がモグラからなります。圭司(山田孝之)が祐太郎にその名前を伝えると、おどろいた表情で、「弁護士の?」と画面を悔いるように見つめます。

そして祐太郎は怒ったように「こいつの確認だね」とぶっきらぼうにいいます。すると、モグラから異常をしらせる音が鳴り響きます。何者かが「dele. LIFE」のシステムにクラッキングを仕掛けてきた音です。圭司は辰巳のデータを狙ってると言って、逆にウイルスを忍ばせるといいます。祐太郎には確認を命じます。祐太郎は出かける前に、「亡くなっていてもデータは消さないで」と言っていきます。

祐太郎が辰巳の家に行くと、若い男の声でていねいに断られます。すると、葬儀屋がやってきます。

圭司は辰巳のことを調べて舞(麻生久美子)のところに持っていきます。辰巳がかつて新薬の治験で14歳の女の子が亡くなった事件の弁護士だったというと、舞はその女の子、鈴の兄だといいます。圭司は、本当に亡くなった理由はその新薬なのか?と言います。

発表では、妹の鈴は新薬ではなくてプラセボのブドウ糖を処方されたグループだったから、亡くなったのは病気のせいだということです。舞は治験はプロトコルに従って行われたから本当だと思うといいます。だれかをうらまないといけなかったんじゃないかと言います。そして、辰巳がデータ削除してきたのは偶然じゃないかと言って部屋を出てきます。

確認してきた祐太郎に、辰巳のことを聞くと、妙なタイミングでバッシングされたんだと話し始めます。辰巳は病院側の弁護士で内部調査をするといっただけで何もしなかったんです。すると、金目当てで病院を提訴してるとバッシングがネットで流され始めたんです。

そして、家族のこころがバラバラになりましたが、辰巳に頼るのをやめて弁護士を立てて訴訟を起こしたんです。ただ、途中までやると「勝てない」と言って下りてしまいます。その後の弁護士も途中まではやるのですが、みんな下りてしまいます。

そして、辰巳の言った病気で亡くなったというのを信じ用途努力し始めたんです。

そこまで話すと、圭司がクラッキングを仕掛けてきたのは、三波データサービスという所だといいます。そこの社長は特殊詐欺で逮捕された人間で、ただかざりだから、後ろには依頼人がいるはずだといいます。

祐太郎は辰巳のデータを見せてくれと言います。圭司がデータを開けると、そこには多くのpdfとひとつの音声データがあります。その音声を聞くと、辰巳と中村代議士が話してる声です。そこには、中村代議士の命令で辰巳が情報を操作して、新薬で亡くなったわけじゃないことにしたと話しています。

さらに、妹の鈴にはブドウ糖ではなくて新薬だというpdfがあります。圭司が中村代議士を調べると、辰巳が最後に話していた男です。祐太郎がそれを発表するというと、圭司は慎重にやらないと消されるといいます。祐太郎は部屋を出ていきます。

圭司は舞の所に行きます。なぜ祐太郎をつれてきたのかというと、圭司がどうするのか知りたいからだといいます。

祐太郎は三波データサービスに押し入ります。そして社長に会って誰がクラッキングを支持したのか、それを証言してくれと言います。できないというと、祐太郎はPCを奪って逃げようとします。警備員がやってきて取り押さえられます。

圭司が事務所でパソコンを操作してると、怪しげな二人組が運送人を装って侵入してきます。その二人は倒しましたが新たに表れた男に特殊警棒で殴られて意識を失います。男は「届かない場所にあるものをとろうとするな。迷惑だ」とつぶやきます。

スポンサーリンク

 

警察に連行された祐太郎は、あいつらは極悪のハッカー集団だから。パソコンを調べてくれと刑事にお願いしましたが、「もう帰ってくれ」といわれます。

祐太郎が事務所に帰ると、圭司が倒れています。話しかけると息を吹き返します。

二人並んで床に座ってると、圭司が亡くなったら何を消してもらいたいというと、逆に守っていきたいといいます。すると、圭司は弁護士だった自分の父親が亡くなったときに、データを処理しようとすると汚れた仕事の証拠を見つけてデータを削除したと告白します。その汚れた仕事をやらせたのが中村代議士だといいます。

祐太郎がもう中村と戦える武器はなくなったんでしょというと、圭司は、5年前に父親のパソコンから移したデータがあるとハードディスクを見せます。そして、メディアに流せと言って祐太郎に渡します。

祐太郎は、いっせいに圭司と舞と父親をバッシングしてくるけどいいの?といいます。そして、きっと父親を恨むようになるといって、自分も鈴を恨むようになったから圭司にはそうなってもらいたくないといって出ていきます。

圭司は舞の所に行って「迷惑をかける。それだけを言いに来た」と言います。舞は「わかった。うれしい」とつぶやきます。

 

辰巳の葬儀に中村がやってきます。圭司は車に電波妨害機を仕掛けて会場にいきます。祐太郎も来ています。祐太郎は「目の前に行ってぶんなぐる」と言います。圭司は祐太郎が撃ちに来たのはただの偶然だと言ってスマホを渡します。そして、ぶんなぐる前にきちんと話をしろと言ってスマホを渡します。

会場を出た中村に圭司が話しかけます。父親がお世話になったと話したあと、辰巳が託したデータのバックアップがあるから見てみるか?と言って、もしも価値があれば買い取ってくれと言います。圭司を襲った部下に後は頼むと言って別室に行きます。

圭司は、この前の損害賠償は1000万で、5年前のデータをまず見て値段を決めてくれ言った後、父親よりも役に立つといいます。

中村が別室に行くと、秘書が運転手と連絡が取れないと言って出ていきます。すると祐太郎がその部屋に押し入ります。そして鈴のことを知ってるかと聞くと、辰巳は嘘ばっかりつく男だと辰巳のことを口汚くののしり始めます。その声は、圭司にもらったスマホで葬儀場全体にながれています。そして、音声データがあると言うと、そんなものはいくらでも消すことはできると言います。

すると、その放送を聞いていた辰巳の親族が中村に向かってやってきます。祐太郎は命が亡くなるまで鈴のことを忘れるなといって出ていきます。

祐太郎が会場を出ていこうとすると、辰巳の息子がやってきて申し訳なかったと頭を下げます。

外に出ると、圭司が待っています。圭司は「すっきりしたか?」と聞くと、祐太郎は笑顔で「うん」と言って歩き出します。

数日後、圭司の父親が遺したデータがマスコミに流れます。中村はマスコミに追いかけられ始め警察もうごきはじめます。祐太郎は鈴のお墓に行って、誰も恨まないしこれからは純粋に鈴のことを思い出すよと笑顔で言います。

 

事務所の圭司の机の上には祐太郎の退職届が置かれています。舞がやってくると、父親のデータの最後には自分の病気に関することがあったと言います。舞は父親のデータのせいで顧客が3分の1になってしまったと言うと、圭司の会社も同じ感じだと言います。

圭司は、亡くなったときに消すだけじゃなくて、指定された場所にデータが行くアプリを作り始めてると言います。そしてもう祐太郎は来ないだろうと言ってると、食事を買ってやってきます。退職届は?と聞くと、とりあえずお金を払えるようになったらまた雇ってくれればいいと言います。すると、モグラが鳴きます。

「まずは、確認をとれ」

(おわり)

ドラマ『dele』は、TELASA(旧auビデオパス)という動画配信サービスで見れます。TELASAは月額562円(税抜)で、テレビ朝日のドラマや映画をメインに見れるサービスです。「相棒」や「刑事7人」「未解決の女」などを見れます。

15日間無料のお試しをやっていますので、それを利用して無料で見ることができます。詳しくはこちら。

TELASA(テラサ)公式サイトへ ≫

『dele』のキャスト

  • 坂上圭司 山田孝之
  • 坂上舞 麻生久美子、圭司の姉
  • 真柴祐太郎 菅田将暉

各話のあらすじ

  • 1話のあらすじ
  • 2話のあらすじ
  • 3話のあらすじ
  • 4話のあらすじ
  • 5話のあらすじ
  • 6話のあらすじ
  • 7話のあらすじ

以上、ドラマ「dele(ディーリー)」の8話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました