dele(ディーリー)の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画。超能力少年が隠した失踪事件

dele

(引用:番組HP

ドラマ「dele(ディーリー)」の4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

4話のあらすじ

「人は二度しぬと言う」「呪われた力を持った僕」「あの判断は間違っていなかったはずだ」

そんな不可解なフレーズと葛藤に満ちた、遺書とも取れるメールとモグラの信号が「dele. LIFE」に届きます。圭司(山田孝之)はすぐに祐太郎(菅田将暉)と舞(麻生久美子)を事務所に呼びます。

送信主は日暮裕司(野田洋次郎)という35歳の男で、「dele. LIFE」にPDFファイルを亡くなった後に削除を依頼していた人物です。メールを読んだ祐太郎が「あれまで消えてしまうことが正しいのか」の「あれ」は?と圭司に聞くと、圭司はすぐにファイルを削除依頼されたファイルを開いてしまいます。そこには、子どもが色鉛筆で描いたと思われる絵が数点あります。

圭司と祐太郎はふたりでなくなってるかどうか、日暮の家に確認しに行きます。

家のドアを押し破って入ってみると、日暮は血を吐いてなくなっています。手の下には、色鉛筆で書いた同じような絵と古ぼけた女性写真があります。圭司はそれを取り上げてじっと見つめます。そこに、アパートの大家さんがやってきて二人は警察に連行されます。

しばらくして舞が連れに来てくれます。日暮の亡くなった原因は末期の肺がんだと教えてくれます。その帰り道、圭司は日暮を知ってると教えてくれます。じつは、日暮はかつて天才超能力少年としてもてはやされたサイコメトラー(霊視)で、圭司があこがれていたヒーローだったんです。

日暮は、行方が分からないひとの写真に手を当ててると、居場所がわかって絵にかいていたんです。あるとき、番組で取り上げた所、ピッタリあたってブームになります。ただ、最期に出演した番組で、母親を探してもらいたいという少女の依頼を受けたのですが完全な空振りで、やらせだとバッシングした記事が出てしまったんです。日暮はそれをみとめてそれがきっかけで姿を消したと圭司が説明します。

日暮の葬儀に圭司と祐太郎が行くと、日暮の親戚のおばさんがお骨を引き取りにきています。日暮の父親の妹です。日暮の両親は小さいときに離婚していて父親はすでに亡くなっていましたが、母親は新しい家庭を作っています。中学の頃、引き取ってくれとお願いしにいったけども、「縁を切った」「呪われた子だ」「悪魔の子を産んでしまった」といって、会いもせずに完全に拒否されたと話してくれます。

翌日、祐太郎はTV局に行って、25年前に日暮の番組を作っていた鎌田という人物に会いに行きます。いまは常務取締役になっています。アポがないと無理だと拒否されてると、ちょうど通りかかります。祐太郎が話しかけて日暮がなくなったといって絵を見せましたが、「話すことはありません」と言って車に乗って行ってしまいます。

そのとき、圭司から電話が来て、最後に母親を探していた女性、松井美香(松本若菜)がわかったといわれます。

圭司と祐太郎は美香のところに話を聞きに行きます。もう母のことは諦めてると言いますが、あの時点で母親は亡くなってたんだと思うといいます。それは、写真に手を乗せて何かを見たときにとても悲しそうな顔をしていたからだと話します。だから、嘘の絵を書いたんじゃないかと、そんな気がしていたといいまいた。

圭司たちは、日暮がファイルに残していた絵を見せます。一枚の絵は、内房総にある水族館じゃないかと思うけど、他はわからないといいます。そこに、美香の父親が美香の娘を連れて帰ってきます。ただ、水族館は形がちがっています。

スポンサーリンク

美香は、ひと月前に、娘が誰かに手を振っていたことをおもいだします。その男性の後姿を見て日暮だと直感で思ったといいます。

 

事務所に帰った圭司は、「そういうことか」とつぶやきます。美香が言っていた水族館は20年前に改装していて、その前は絵に描かれた通りです。

圭司と祐太郎が水族館にいくと、次々と絵と同じ風景が現れます。ただ、2枚だけがわかりませんです。夜になって喫茶店で食事をしてると、祐太郎がスプーン曲げをしてしまいます。さわいでコップの水をこぼしてしまうと、マスターがやってきて机をふいてくれます。マスターがその絵を見ると、「明け方山のキャンプ場だろ?とっくに閉鎖されてるけど」と教えてくれます。

翌朝、ふたりはキャンプ場にいきます。絵のとおりです。祐太郎は圭司をおぶって森の中に入っていきます。しばらくして、祐太郎は「なんとなく・・・」といいながら何かに導かれるようにあるいていきます。

すると、目の前に最後の絵にかかれたラムネの便が転がっています。

二人で掘りはじめると、雨がふってきます。さらに掘り進めると白骨がでてきます。警察に連絡しますが、犯人だと疑われてしまいます。舞が来てくれて保釈になりましたが、マスコミなどに発表するなと警察に依頼しましておいたのに、スポーツ新聞にでかでかと日暮のことや美香のことが載ってしまいます。舞の事務所にはひっきりなしに電話がかかってきます。

圭司と祐太郎は美香の所に行って、ほんとうのことをつげます。美香は、日暮に心から感謝してるといいます。二人が美香の娘の幼稚園に行くと、美香の父親がやってきます。圭司たちが呼び出したんです。

父親を公園まで連れて行くと、母親の遺体のすぐそばに埋まっていたといって名刺入れをわたします。圭司が「あなたが奥さんを」と聞くと、本当につまらないケンカから突き飛ばしてしまったことで命を奪ってしまったと父親が告白します。ただ、美香のことをおもうと警察に言えなくて、ほんとうは日暮に罪を暴いてほしかったといいます。日暮がそれをわかってて言わなかったことで、美香のためだけに生きようと決心したといいます。

警察には?と父親が聞くと、祐太郎はそれを届けに来ただけだといいます。圭司は、どうするかはあなたの自由だけど、依頼人の日暮は美香が幸せになる事だけを願ってたと伝えて帰っていきます。

事務所に戻った圭司は日暮の望み通り、ファイルを削除します。そして、さいごに書いていた絵をみます。

翌日、圭司と祐太郎は日暮のお墓まいりにいきます。祐太郎は森の中で日暮のことを感じて、導かれてるようだったといいます。圭司は行くところがあるといって祐太郎に車を運転させます。

ついた先は、日暮が最後に書いた絵にそっくりな家です。ふたりは、そのまま帰っていきます。

「俺たちが憶えておけばいい。マザコンの元天才超能力少年のことを。そうすれば、日暮に二度目の死は訪れない」

と、圭司はつぶやいて祐太郎に車を出させます。

(⇒5話のあらすじ)

ドラマ『dele』は、TELASA(旧auビデオパス)という動画配信サービスで見れます。TELASAは月額562円(税抜)で、テレビ朝日のドラマや映画をメインに見れるサービスです。「相棒」や「刑事7人」「未解決の女」などを見れます。

15日間無料のお試しをやっていますので、それを利用して無料で見ることができます。詳しくはこちら。

TELASA(テラサ)公式サイトへ ≫

キャスト

  • 坂上圭司 山田孝之
  • 坂上舞 麻生久美子、圭司の姉
  • 真柴祐太郎 菅田将暉

各話のあらすじ

以上、ドラマ「dele(ディーリー)」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました