ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」5話の動画とあらすじ(ネタバレ)と感想!

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」5話のあらすじと感想などをまとめます。ドラマ「CRISIS(クライシス)」は、小栗旬さん、西島秀俊さん、田中哲司さん、石田ゆり子さんがでられるアクション満載の骨太な刑事ドラマで、1話完結ですので毎回見なくとも楽しめます

スポンサーリンク

CRISIS(クライシス)5話のあらすじ

稲見(小栗 旬)は、暴行罪で逮捕された犯人を装って警察の留置場に潜入します。潜入目的は、仁愛工業という暴力団の構成員の沢田(杉本哲太)に接近することです。仁愛会は、政治献金のからくりを巧みに利用して政治家たちを恐喝している疑いがあって、その証拠集めを命じられたんです。

留置所を出た稲見は、喫茶店で沢田と会って仕事をくれと依頼すると、その晩、幹部との面接になります。田丸(西島秀俊)はPCから情報を抜き取るためのUSBを稲見に渡しました、沢田と稲見が事務所に行くと、入念なボディチェックの前に、USBをトイレに流して何とかばれずにもぐりこめます。会長からは、疑われながらも、連絡用のスマホをもらいます。

沢田と食事をした後に、タクシーの運転手に成りすました吉永三成(田中哲司)に状況を話します。セキュリティが厳重すぎるので、強引にPCを奪った方が速いというと、上に掛け合うと言う答えです。稲見は、今回の任務にちょっと疑問があると言います。

「仁愛工業の連中に、政治家を脅すような狡猾さは感じません」

吉永は、一日目で判断すると言いますが、背景を探ってみると約束します。

一方、上司の鍛冶大輝警備局長(長塚京三)は、神谷透官房長官(石黒賢)に呼び出されています。潜入捜査は神谷の指示です。「何かすこしでも動きがあったら」と電話番号を渡されて、すべて神谷の指示で動けと命令されます。

稲見は、会長に呼ばれます。いろいろ聞かれましたが、沢田からは、でかい取引があるから気をつけてるんだと言われます。そのことを田丸に告げて別件で逮捕できると提案します。田丸からは、脅迫の裏を捜査しているので待ってくれと言われた稲見は、潜入捜査で混乱していると告げます。田丸は、人をだますと罪悪感があり、裏切ってると罪悪感が出てくると神経がまひしてきて、本当の人生と偽りの人生のどちらでも良いと思うようになってくると言われます。その時に大切なのは、本当の人生に導いてくれるような大切な光を持つことだと教えられます。

田丸はその夜、林千種(石田ゆり子)に会います。千種は、夫の林智史(眞島秀和)から電話があったと言います。もう潜入捜査はムリなので返してもらいたいと事です。さらに千種は、

「おっとがもどってきたら、わたしはどうすればいいのでしょうか。今さら、夫を愛する自信がわたしにはありません。この2年間の偽りの生活が本当の生活になってしまったんです」

というと、田丸の手を握ろうとします。田丸はその手をはねのけて、

「気を強く持ってください。旦那さんにとって、あなたは唯一の光です」

と勇気づけます。千種は悲しい顔をして田丸の言うことにうなずきます。

 

稲見は沢田に、今夜、でかい取引があってそこに連れて行くと言われます。稲見は、そのことをコンビニで吉永に報告します。特捜班のバンの中で、稲見を監視していると、吉永に電話がかかってきます。今夜の逮捕は見送るという連絡です。吉永たちは、バックアップのために稲見を追尾します。現場近くになると、白いバンが行方を遮ります。逮捕しているうちに稲見たちは現場に行ってしまいます。

稲見たちが取引現場に着いて取引が始まります。終わろうとすると、二人組の男が拳銃を撃ちながら近づいてきます。稲見はよけましたが、沢田たちは全員やられてしまいます。稲見は、何とか二人を倒します。沢田に近づくと、「うまいもの、喰いたかったな」といってこと切れます。

そこに、吉永たちが到着ます。稲見が立ち上がって、襲ってきた二人を撃とうと歩き出すところを、田丸がなんとか引き留めます。

鍛冶が会食中の神谷透官房長官に会いに行きます。

「うちの連中をおとりに使いましたね。どうしても仁愛工業をつぶしたかった理由を教えてください」

神谷は、大企業が政治家との太いパイプ作りのために、薬物の密輸を始めたと言います。ただ、自ら売ることはできませんです。そして、仲卸に選ばれたのが、仁愛工業です。仁愛工業は、その仕組みを知ってさらに別な相手とも組んで売ることを始めます。大企業は、もしも仁愛工業がそちらの取引で捕まったばあい、こちらの情報も出てしまうので、つぶしてしまったということです。そのためにおとりになったのが特捜班です。

「この話の教訓は、力のないものが欲をかくと、痛い目に合うということだよ」

と言って行こうとすると、鍛冶は、稲見が銃撃に巻き込まれたことを借りにします。鍛冶がその部屋を出ると稲見が待っています。

「さっき出て行った奴が、黒幕ってことですか?」

鍛冶は、稲見を部屋の中にいれて話をします。

スポンサーリンク

「勘違いするなよ。撃たれた連中はこの国に薬物を蔓延させようとしていたやつらだ」

「だから、撃たれても仕方がないって言うんですか?権力側が邪魔な連中は、いなくなってもいいということですか。わたしが流した情報で人が亡くなったんです。薄汚い仕組みに加担したんです」

「薄汚い仕組みを変えたかったら、正義感に縛られて動きを不自由にするな。善も悪もすべて取り込んでしなやかに動け。そうやって蓄えた力で、いつか本物の悪をたたけばいい」

「へりくつですよ」

「そうかもしれん。だが、何もかも一気に変えることはできない。傷つきながらも進むしかない。どうする。俺についてくるか」

「考えさせてください・・・もし、わたしが権力に逆らったらころしますか?」

そういうと、稲見は出て行きます。梶は、何処かに電話をします。

「わたしだ。例の件、今すぐ動いてくれ、マスコミへのリリースも忘れるな。責任はすべておれがとる」

翌日、神谷透官房長官が少女売春の罪で逮捕されたニュースが流れます。

(⇒ 6話のあらすじ

ドラマ「クライシス」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録でお得に見る方法です。

クライシスをお得に見るにはこちら

CRISIS(クライシス)5話の感想

おもしろかったですね。とりあえず、小栗旬さんと西島秀俊さんの二人が睨み合ってるところが見せ場だったと思います。あのシーンをとるための伏線だったんじゃないかってくらいに良いシーンです。そして、それを引き出したのは、杉本哲太さんですね。杉本哲太さんじゃないと、あそこまでの感情移入をしながら見ることはなかったような気がします。

前回の感想でも書きましたが、すごい俳優とか裏の組織をつくって国家の敵を倒していくと言う割には、事件がしょぼいような気が今回もします。しかも、組織をつくったとみられる官房長官を裏切ることができるのでしょうか?画像が素晴らしくいい出来で、そのまま映画にしてもいいくらいのものですが、脚本、ストーリーがペラペラなような気がします。そもそも、取引の日時を知るために潜入が必要だったのかとか、たった二人に10人がやられてしまったとか、ちょっと首をかしげてしまいます。ただ、その中でも、西島さんのセリフは、良かったです。

「本当の人生に導いてくれるような大切な光を持つことだ」

大切な光、ものとは、目的とか目標だと思います。人は多かれ少なかれ嘘をついたり、ごまかしたりすることがあります。挫折して、やる気をなくしたり、夢をあきらめたりすることもあると思います。そんな時に、大切なものを一つ持っておくことは大事なことだと思います。それは、自分のことではなくて、愛する人とか、お世話になった人とか、他のひとに働きかける何かの方がパワーが出ると思います。自分のことだと「まあいいや」と思いますが、遠くで恋人が待ってるとか、親が待ってるから絶対に帰らないといけないとなると、いつも以上の力が出るとわたしは考えています。なので、人生の目的みたいなものは、だれかを幸せにすると言ったようなものにすることをお勧めします。

このドラマの中でも、それぞれの人達が誰のためにそういう仕事をしているのかを考えながら見てみると、とても面白くなると思います。来週は、テロ組織との戦いになりますので、今まで以上に派手で、スケールの大きな戦いになると思いますので、とても楽しみです。

CRISIS(クライシス)のキャスト

  • 稲見朗 小栗旬、特捜班、元自衛隊員
  • 田丸三郎 西島秀俊、特捜班、元公安
  • 吉永三成 田中哲司、特捜班班長、元警視庁捜査一課刑事
  • 樫井勇輔 野間口徹、特捜班、元機動隊爆弾処理班
  • 大山玲 新木優子、特捜班、元サイバーフォース
  • 鍛冶大輝 長塚京三、警備局長、特捜班の設立者
  • 青沼祐光 飯田基祐、公安総務課長、特捜班への指示者
  • 林智史 眞島秀和、新興宗教団体に潜入中
  • 林千種 石田ゆり子、林智史の妻

各話のあらすじ

以上、ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」の5話のあらすじと感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました