「コピーフェイス~消された私」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想。

NHKドラマ「コピーフェイス~消された私」4話のあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめてみます。以前とは違う芙有子(和花)の言葉や行動に戸惑いながらも惹かれ始めてる柊二は、由麻を看病している芙有子(和花)にキスをしてしまいます。第4話はどんな展開に?

スポンサーリンク

「コピーフェイス~消された私」4話のあらすじ

「第4話 許されぬ裏切り」

芙有子(和花)は橘との所に行くと、芙有子(和花)のPCのパスワードが解けて、中見を見ることができます。チャットには、不倫相手との通話記録が残っています。

「トラブル発生、今夜は会えない」

「今日は、遺族とあったんでしょ、大丈夫だったの」

「麻酔薬のアレルギーショックを原因とした」

「うまくごまかせてよかったわね」

と言う重要な会話です。芙有子(和花)は、相手は島本医師ではないかと想像します。亡くなったショックで手術ができなくなったのでは?と考えたんです。芙有子(和花)がその足で、病院に向かうと、柊二がやってきて、外で話すことになります。

「今朝のことだけど、おれは後悔していないよ。やり直せるんじゃないかと思い始めてる」

と、柊二に告白されます。ただ、芙有子(和花)が病院を探ってる理由を聞いてきましたが、何とかごまかせます。

柊二が病院に戻ると、洋人と島本、伊藤弁護士がセミナーに出ていくところです。やはり、島本が医療ミスをしており、洋人もそのことを知ってるようです。

柊二は、三島奈那子(芦名星)看護師長に、芙有子(和花)とやり直すと告げますが、「奥さまだけは信用しないでください」と言われてしまいます。

 

芙由子(和花)は、昔の芙由子の衣装を着て、探りに出かけます。セミナー帰りの島本に近づいて話しかけます。

「おとなしくしていたから、たまにはね。実は少しずつ記憶が戻ってきているの。たとえば、山本明日香。それから1年半前のあれも」

と、かまをかけます。

「ちゃんとおしえておいてくれない?一年半前の事故のこと」

すると、看護師たちがやってきて、島本は逃げるようにして行ってしまいます。

一方、病院では、柊二が「ARA治療」の論文で妙な部分を見つけます。未承認の薬を使ってるのではないかと洋人に聞きましたが、ごまかされてしまいます。家では、芙由子(和花)が、祖父の朝倉弘明(寺田豊)に二人きりで話をされます。

「あんたはほんとうにかわったのかね」

「前みたいなことはありません」

「もし、アンタがまともな人間になったら、柊二の前から消えてくれないか。他の男と付き合っていたのを知ってるんだ」

と言われてしまいます。

翌日、芙有子(和花)と柊二と由麻で、柊二がデザインしたレストランに行きます。柊二にだいぶお世話になったとオーナーが涙ぐんでいます。座って、この間の続きを話します。

「やっぱり無理だと思うの」

何か言われたのかと柊二に見透かされます。柊二は一回離婚してまた結婚しようとまで言われますが、迷います。家に帰ると、祖母から、柊二と一緒に出てもらいたいと言われます。この家のために犠牲になる必要はない、柊二を建築の道に戻してもらいたいと訴えられます。

 

翌日、街を歩いていると、和花だったころの親友、ちひろにあいます。悩んでいることを見透かされてしまいます。悩みを打ち明ける芙有子(和花)でしたが、ちひろはふと、「和花はどうしたいの?」とつぶやきます。なんか似てるなと思ってついでてしまったようです。そして、柊二のことが好きな芙有子(和花)の気持ちもわかると話します。

芙有子(和花)が病院に行くと、三島奈那子に屋上に呼び出されます。他に男がいた芙有子(和花)に、理事長のそばにいる資格はないと言われます。それを聞いた芙有子(和花)は、逆に三島がそのことを、傷つけたくないと思って柊二に言わないのは良い人だと言うと、衝撃的なことを話します。

「言えるわけないでしょ。弟が裏切ってるなんて」

スポンサーリンク

じつは、芙有子の相手は島本ではなくて、洋人です。洋人は小さいころから父親に言われて、コンプレックスを抱いていて、その裏返しのようです。

院長室では、柊二が「ARA治療」に使われている薬が危ないので、安全性が確立するまで中止しようと洋人に言いますが、洋人だけがやるから安全だと宣言して、続けるようです。

秘密を聞いた芙有子(和花)は、島本に医療ミスの事を問い詰めます。執刀医は洋人で、施術中に重大な血管を傷つけてその晩に亡くなってしまったんです。全てが分かった芙有子(和花)は、芙有子の衣装を着て洋人をホテルにおびきだします。洋人のコンプレックスの話をして、事件の事を確認します。逆に、事件がすべて外に出ると、朝倉家全部がだめになると脅しをかけられてしまいます。

帰り道、橘と会います。もう潜入捜査は辞めろと言う橘に

「でも、守りたい。あの人を守りたいんです」

と言って、家に帰っていきます。家に帰ると、やさしい笑顔の柊二が待っています。思わず涙ぐんで抱きつく芙有子(和花)です。

一方、洋人が芙有子(和花)の正体に気が付きはじめて、伊藤弁護士と相談をはじめます。

(⇒ 5話のあらすじ

ドラマ「コピーフェイス~消された私」4話の感想

おもしろいですね。ますます、切なくなっていきます。まさか、義理の弟と関係をしていたなんて思いもよらなかったですね。それまでの関係ないっていう雰囲気もしっかり出ていましたし、演技力が高い人達ばかりだと、面白いです。

そして、ついに、柊二と芙有子(和花)は、結ばれましたね。良かったというか、なんというか、非常に微妙です。柊二にしたら中身が違う女性の訳ですし、和花にしたら、違う女性だと思ってる人と愛し合う訳ですから、その中に本当の愛はあるのだろうかとふと疑問思います。

ただ、よく考えてみると、好きになってるのは、おたがいの性格とか心の内面なので、真実の愛と言えなくもないです。問題は、栗山千明さんの美しさですね。前にも書いたような気がしますが、美しい人を見ると、内面的にも美しいと思ってしまうのが人間です。芸能人とか、特にそういう部分があるような気がします。画面に映し出されている性格だと思ってしまったり、役柄で演じている性格だと思いがちですよね。そのギャップは必ずあると思いますが、それでも、美しい人は、心のどこかに美しいものがあると思ってしまいがちです。なので、結婚相手を決める時などは、なるべく、その先入観を取り外して、内面を見ていくことが必要なんじゃないかな~と痛感します。

とりあえず、あと2回ですが、芙有子(和花)がどうなるのか、楽しみです。芙有子自体は、医療ミスに関わってるのではなくて、隠ぺいにかかわっているので、罪は少ないと思います。なので、一番いいのは、全てが明るみに出て、柊二と由麻と三人で家を出て行って、全く違うところで仲良く暮らしていくことじゃないでしょうか。イチバン腑に落ちますね。

ドラマ「コピーフェイス~消された私」のキャスト

ドラマ「コピーフェイス~消された私」のキャストです。

  • 広沢和花 栗山千明、西原亜希、雑誌記者
  • 朝倉柊二 佐藤隆太、朝倉クリニックの理事長
  • 朝倉芙有子 栗山千明、柊二の妻
  • 朝倉由麻 中川江奈、柊二の娘
  • 朝倉洋人 玉木玲央、柊二の弟、朝倉クリニック院長
  • 朝倉弘明 寺田豊、柊二と洋人の父親
  • 朝倉佐枝子 田島令子、柊二と洋人の母親
  • 三島奈那子 芦名星、朝倉クリニックの看護師長
  • 橘慎一 鶴見辰吾、出版社編集長
  • 森山ちひろ 前田亜季、和花の親友

各話のあらすじ

以上、ドラマ「コピーフェイス」4話のあらすじです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました