コンフィデンスマンJPの6話「古代遺跡編」のあらすじ(ネタバレ)と動画。

コンフィデンスマンJP

(引用:公式サイト

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の6話「古代遺跡編」のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

6話「古代遺跡編」のあらすじ

自転車で一人旅をしていたボクちゃん(東出昌大)は、山間にある十色村を訪れます。

そこでボクちゃんは、川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻が切り盛りするラーメン店の素朴な味に魅了されます。川辺夫妻は、この村に特産品を使った商品などを販売する「ふるさとふれあいモール」が出来ることを喜んでいます。

二年後、ボクちゃんがさぞかしにぎわってるとおもって再び訪れると、底は産業廃棄物処理場建設予定地と名前が変わっています。急いでラーメン店に行くと、お客はいなく、「この村も終わりだな」となげいています。

帰ってきたボクちゃんは悪質なコンサルタントにだまされたんだと言います。

そして、そのプロジェクトを手がけていたのは、地方再生や町おこしを得意とするアメリカ帰りのコンサルタント・斑井満(内村光良)だと説明します。斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けると、プロジェクトを頓挫させて、知り合いの産廃処理会社に土地を転売しています。

ボクちゃんは産廃施設の建設をやめさせようといいますが、ダー子(長澤まさみ)は金儲けにならないことはイヤだといいます。リチャード(小日向文世)は、工事を止めるだけならその土地から土器や土偶といった、遺跡があった証拠が出てくればいい、と助言します。

ボクちゃんは、リチャード自慢のコレクションから縄文土器を強引に借ります。ボクちゃんは、建設現場のアルバイトに扮して潜入して、現場で土器を見つけたと報告します。

ただ、現場監督に報告して斑井に見せると、いきなりその土器を地面に叩きつけて粉々に壊してしまいます。

ボクちゃんは粉々になった土器を持ち帰ると、ダー子もリチャードも手伝ってくれることになります。

五十嵐(小手伸也)に斑井の情報収集を依頼します。

斑井は大学の後輩で大親友の産廃業者の三隅社長と二人でくんで年寄り達をだましています。斑井の父親の万吉は、家族を顧みずに遺跡発掘に明け暮れ、奇説を唱えては変人扱いされていたアマチュアの考古学研究者です。斑井は、小さい頃は喜んで万吉のあとをついて山へついていきましたが、次第に嫌悪の対象になって行きます。万吉の口癖は「東洋のシュリーマンになる」です。なので、斑井にとって考古学は父親の代わり、嫌悪の対象そのものです。

それを聞いたリチャードは、富を手に入れた人は、名声や成功をほしがるはずだといいます。斑井がこれほどまでに土器を粉々にしたのは、父親のようになってしまうという恐怖の表れで、もしも、目の前にトロイの遺跡があると信じたら、たががはずれてくらいつくはずだといいます。

ダー子は、巨大遺跡を発掘させようといきなりハッスルしはじめます。

その日から、土器作りが始まります。

現場では、斑井がやってきていて、土器のかけらをこわそうとしています。そこにボクちゃんがやってきて、ここは大規模な遺跡の可能性があるといいます。そして、大学で考古学を勉強しているので、恩師の牛久教授に見せましょうといいます。牛久教授は日本でも屈指の学者で、斑井が歴史に名を残すシュリーマンのようになるかもしれないとおだてます。

ボクちゃんは、斑井をつれて大学にいきます。

牛久教授の研究室に行きます。牛久教授はリチャードです。翌日、現地を見てみると約束してくれます。本物の牛久教授はダー子が足止めしています。

ダー子は、万吉がかいた「幻を求めて」全18巻を含めて、考古学の本を読み漁り知識を頭の中に入れます。

翌日、リチャードは牛久教授に化けて現地調査を始めます。こんなすごい遺跡は初めてだと言って、産廃施設やめて発掘して名を残しましょうと提案します。

すると、斑井は、

「もう茶番はやめましょう。さっさと、にせものだと表明してくれたら、この倍出します」

と言って、札束をわたします。そして、発掘した土器を見て、同じ地層に出るはずもないものが出てるし、明らかにニセモノで、この建設に反対してる人のいたずらだと言い切ります。リチャードは一応素人に何がわかると怒りますがアジトに帰ると、「やっぱりばれてた」とため息つきながら話します。

それでもダー子は、じゃんじゃん作って数で勝負だといって土器を作り始めます。さらに、古文書も書き出します。

翌日、斑井が現場に行くと、考古学マニアの素人がたくさんあつまっています。ボクちゃんがあまり派手にやるとばれるとリチャードに言うと、本物の考古学マニアだといいます。五十嵐がネットで拡散したんです。

スポンサーリンク

すると、ダー子が変な格好をして遺跡マニアのひとりとしてあらわれます。そして、

「ここが世界最古の超古代文明都市だー!」

とさけびます。素人の考古学マニアもそれを見てどん引きしています。

ダー子はリチャードのところにやってきて、常滑一族の子孫だといって、古文書を見せます。神代文字で書かれたその常滑文書をひろげると、考古学マニアたちも群がって読みはじめます。ダー子は、常滑文書のことを大声で説明し始めると、斑井のかおつきがかわります。実は、斑井の父親の万吉が唱えていた説だったんです。

ダー子はさらに、そばの山を買って発掘をしてるといいます。その山をピラミッドと呼んで4大文明はこの土地から生まれたんだと叫んで、みんなで発掘を始めよー!とさけびます。

それをみていた斑井は何も言わずに帰っていきます。

ダー子達は、ボクちゃんがお勧めのラーメン屋さんにラーメンを食べに行きます。川辺夫妻は、この土地にすごい遺跡があることがわかって、とてもうれしそうに自慢をしています。それを聞いて、ボクちゃんはむねがいたくなります。

再び、ダー子達は現場に戻って発掘をつづけます。その姿を見た斑井は、複雑な表情をしています。

その日の発掘が終わると、斑井は、土器を整理してるダー子のところにやってきて、万吉のことを知ってるか?と聞きます。ダー子は知らないけれども、父親も不遇のうちになくなったので、名誉を挽回したいと熱くかたります。

斑井は、リチャードに本物なんだなと念を押して、自らスコップを持って現場に発掘しに行きます。発掘しながらうれしそうな顔をしてる斑井を見て、「落ちたな、ぼくちゃん、町はまもられたな」といってあるいていきます。ただ、ボクちゃんはかなしいかおをしています。

翌朝、リチャードが工事が再開されたといってダー子を起しにきます。本物の牛久教授が来て、すべてニセモノだといって帰っていったんです。実は、ボクちゃんが教授に手紙を書いたんです。ラーメン屋の夫婦もだましてることに我慢がならなかったんです。

みんなに謝ったボクちゃんはアジトをでていきます。

その晩、斑井は三隅社長のマンションで美女に囲まれて酒を飲んでいます。ふと、鏡に映った自分の顔を見ると、そのみにくさにかたまってしまいます。

翌日、斑井が発掘現場に行くと、工事のフェンスの前からダー子が引き返していくところをみてしまいます。

その日の夜、斑井に「在野の考古学者」から荷物が届きます。万吉の本「幻を求めて」全18巻です。斑井はそれをはじから読みはじめます。万吉の巻頭言の「考古学ははじめるものではない。考古学は取り付かれるものだ」とつぶやきます。

翌日、斑井がダー子のところに来て、ダー子がピラミッドだといた山を3億円で買います。何もでないのに?というと、「やってみないとわからないだろ」といいます。そして、斑井は会社を売って遺跡を探し始めます。

ダー子は、斑井は名誉や名声を求めて発掘してるんじゃなくて、考古学の、捜し求める行為そのものに取り付かれてしまったんだと説明します。五十嵐は、ボクちゃんに分け前だと言ってバッグいっぱいのお金をわたして、川辺夫妻にとどけてやりなといいます。新しい所での開業資金です。

ボクちゃんがラーメン屋さんに行ってみると、工事の業者達で大繁盛しています。

アジトに帰ってきたボクちゃんは、「ぼくがやってきたことはなんだったんだー!」とぐったりします。それを尻目に、ダー子は発掘にでかけていきます。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」は、動画配信サイトのFODで見ることができます。FODは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマを見れます。「コンフィデンスマンJP」は見放題作品です。月額会費を初回2週間無料お試しをしていますので完全に無料で見れます。

コチラをクリックして、ドラマ「コンフィデンスマンJP」をご覧ください。

FOD公式サイトへ ≫

キャスト

  • ダー子 長澤まさみ、正体不明の美しきコンフィデンスウーマン
  • リチャード 小日向文世、百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン
  • ボクちゃん 東出昌大、まじめで小心者の若きコンフィデンスマン
  • 赤星栄介 江口洋介、1話ゲスト、公益財団「あかぼし」会長、日本のゴッドファーザー

6話以外のあらすじ

以上、月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました