コンフィデンスマンJPの4話「映画マニア編」のあらすじ(ネタバレ)と動画。

コンフィデンスマンJP

(引用:公式サイト

ドラマ「コンフィデンスマンJP」の4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

4話「映画マニア編」のあらすじ

食品メーカー・俵屋フーズでに、新たに工場長になった宮下正也(近藤公園)は、3ヵ月後、自社製品の産地を偽装していたことを知ります。看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」が、外国産のうなぎを使ってるにもかかわらず、国産だと偽って使用していたんです。宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)に、産地偽装はまずいから訂正してくれといいに行きますが、映画マニアの俵屋は、映画と同じ嘘じゃないなといわれます。さらに、告発するというと、怖い友達がいるとか、家のローンがあるだろうと恫喝されて告発できませんです。

ある日、酔っ払って殴られて宮下は倒れています。たまたま通りかかったダー子(長澤まさみ)は、宮下が破いて捨てた告発文を持って帰ります。

アジトのスイートでボクちゃん(東出昌大)とリチャード(小日向文世)に、俵屋をはめることを提案します。

早速ダー子は俵屋勤を調べてみます。

  • 二代目のお坊ちゃん社長
  • 二度の離婚を経て独身
  • 公私共にやりたい放題
  • パワハラ、セクハラ
  • 映画好きが講じてマニア
  • 学生時代には俳優も
  • 自宅はホームシアター完備
  • キネマ新報が愛読書

ダー子はボクちゃんと二人で映画作りのための脚本を作り始めます。さらに、映画俳優たちが愛していたという喫茶店「スワンソン」を銀座に作り始めて、偽雑誌のキネマ新報に偽記事を載せて俵屋のところに配達します。

それを読んだ俵屋はしっかりひっかかって、喫茶店「スワンソン」にやってきます。中に入ると、壁一面に古い写真やサインなどがたくさん飾られていて雰囲気のある良い喫茶店です。俵屋が席に座ると、出てきたのはママのダー子です。

ダー子は、いろいろ昔話をしてると、新人映画監督に扮したボクちゃんと、映画プロデューサー役のリチャードが入ってきます。一通り話しをしたあと、わざと部外秘の映画脚本を落として店の外に出て行って、俵屋に拾わせます。それをきっかけに俵屋に近づいてオールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかけます。

ところが、ボクちゃんが書いた脚本はべたぼめしますし、話は盛り上がりますが、出資は断わられます。

アジトのスイートに帰ってくると、五十嵐(小手伸也)がいます。五十嵐は好きすぎて憧れの世界に足を踏み入れられないと説明します。ダー子は無理やり引っ張り込むと宣言します。

数日後、リチャードは俵屋をさそって、新作映画を撮ってるという東新映画撮影所に見学に行こうとさそいます。

俵屋は、はじめて見る撮影に興奮しっぱなしです。映画の撮影場所に入ると、映画監督役の五十嵐が撮影しているふりをします。そこに本物の伊吹五郎がやってきて、リチャードが親しく話しかけます。俵屋も紹介されて有頂天になります。

俵屋が食堂に連れられていって食事をしてると、リチャードやボクちゃんが主演女優が下りてしまって出資者が離れてしまったとケンカをします。五十嵐があと3億足りないといいますが、俵屋は乗りませんです。ところが、隣に座って聞いていた伊吹五郎が力になりたいと言ってくれて、脚本を読ませてくれと言います。

アジトにもどって次の作戦を考えてると、ダー子がハニートラップを仕掛けると言い出します。ダー子は、中国の大スターのマギー・リンに化けるといって、写真を撮って偽キネマ新報に載せます。

数日後、俵屋が喫茶スワンソンにやってくると、リチャードとボクちゃんと五十嵐がいます。主演女優がマギー・リンになったと話して、ボクちゃんとリチャードが席をはずすと、五十嵐が、マギー・リンは出資者と出来てしまうらしいと俵屋に聞こえるようにダー子と話をします。さらに、翌日の午後3時に羽田にやってくると話をします。

スポンサーリンク

翌日、俵屋はひとりで羽田にやってきます。俵屋の目が釘付けになります。しばらくして俵屋から電話があって3億円出資すると連絡が来ます。

リチャードとボクちゃんが喫茶スワンソンで俵屋と会うと、出資するけれども条件があると言い出します。それは、作るからには最高の映画にしたいということです。はじめは脚本です。俵屋は56箇所のダメだしをしてきます。

さらに、絵コンテを描いてきたり、撮影を見に来たりして、いままでの想いが爆発してるようです。ダー子達は、出資金を振り込んでくれるまでは、ほんとに映画を撮らなくてはならなくなります。俵屋フーズの社員たちにもエキストラ出演をお願いすることになります。

300人が戦いあうクライマックスシーンの撮影が始まります。マギー・リン役のダー子も参加します。

最後に、自分のシーンを作れと俵屋は言い出します。ダー子はこうなったら俵屋の夢を徹底的にかなえてやろうといいだします。

俵屋のシーンの撮影が始まります。俵屋の撮影が終わると、3億円を振り込んだといいます。ダー子は、裏で衣装をといてる工場長の宮下に近づいていって、セリフのあるシーンをしてみないかといって紙を渡します。

ダー子とボクちゃんが控え室に行って、もう撤収するといってると、かならず俵屋はダー子をさそってくるといいます。ダー子は一晩くらいなら相手してやるというとボクちゃんは怒り出します。そこに、案の定俵屋がやってきます。そして一晩付き合ってくれとやはり言い出します。

ダー子が笑顔で「イイデスヨ」と言って歩き出すと、俵屋は「違う!」と叫びます。俵屋が好きだったのはボクちゃんのほうです。ダー子は、ボクちゃんをひとり残して逃げだします。

 

2ヵ月後、俵屋のところに完成したと連絡が入ります。完成披露試写会には俵屋もやってきて、社員達を連れてきます。

始まる前に、ダー子はこの映画はネット配信だけだというと、俵屋はビックリしますが、映画が始まります。すると、画面の中央に宮下が出てきて、俵屋フーズの産地偽装を訴えて、俵屋の報復人事のことをはなしだします。

映画が終わると、隣にいたダー子やリチャードたちの姿と宮下の姿はありませんです。すべてさとった俵屋は目を閉じて椅子に深く沈みこみます。

ダー子達が外を歩いていると、宮下が追いかけてきて感謝します。ダー子はこれからだからガンバってと声援します。数日後、俵屋フーズに捜査が入り、俵屋は逮捕されます。

ダー子達がアジトでその事件を新聞でよんでると、ボクちゃんが書いた脚本を伊吹五郎主演総指揮で映画化になると報道されています。いつの間にか自分のものにしてしまったようです。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「コンフィデンスマンJP」は、動画配信サイトのFODで見ることができます。FODは月額976円(税込)で、フジテレビのドラマを見れます。「コンフィデンスマンJP」は見放題作品です。月額会費を初回2週間無料お試しをしていますので完全に無料で見れます。

コチラをクリックして、ドラマ「コンフィデンスマンJP」をご覧ください。

FOD公式サイトへ ≫

キャスト

  • ダー子 長澤まさみ、正体不明の美しきコンフィデンスウーマン
  • リチャード 小日向文世、百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン
  • ボクちゃん 東出昌大、まじめで小心者の若きコンフィデンスマン
  • 赤星栄介 江口洋介、1話ゲスト、公益財団「あかぼし」会長、日本のゴッドファーザー

4話以外のあらすじ

以上、4月9日から始まる新月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました