『僕らは奇跡でできている7話』の動画とあらすじ(ネタバレ)。一輝のウサギとカメの解釈は?

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の7話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の7話のあらすじ

「アッチの世界とこっちの世界がつながりました」

リスが橋を渡ってるのを見て二人は大喜びをします。涙が止まった育実(榮倉奈々)が一輝(高橋一生)はうさぎではないから気持ちがわからないというと、「そうでもありません」と言って二人で山を下ります。

一輝が大学に行ってリスの画像を見せてると、学生たちが、来年一輝のゼミを作ってくれないかと言いにきます。鮫島教授が一輝に聞くと、今はちょっとわからないと答えます。考えておくことになります。

そのあと、一輝は虹一(川口和空)に会ってリスのことを話します。虹一も一生懸命書いたリスの絵を見せます。虹一が家に帰ると、怖い顔をした母親の涼子(松本若菜)が待っています。塾に行ってないことがばれていて、国語の点数が上がるまでと言われて一輝に見せたスケッチブックを取り上げられます。

翌日、虹一はお腹が痛いと嘘を言って学校を休みます。昼間になると、防災用のロープを使って虹一は逃げ出して大学の一輝の所に行きます。そのことを聞くと、一輝は家に連れてきます。そして、家族しか入れたことがないと言ってから、自分の部屋に連れていって亀のジョージを見せます。

そのあと、一輝は虹一の家に行って事情を話そうとおもいましたが、涼子はいませんです。

そのころ、涼子は虹一が逃げ出したことに気づいて育実のクリニックに行っています。育実は一輝に連絡しましたが、出ませんです。そこに、一輝がやってきます。そして、「虹一くんはいま、ぼくの家にいます」と笑顔で言います。一輝は、家に行っても涼子がいなかったので、育実から連絡してもらおうと思ってやってきたと言います。

涼子は一緒に一輝の家にやってきます。一輝は部屋に行って、虹一に今晩泊まってってよい、明日山に行こうと笑顔で言います。そのあと、居間にいって話をします。涼子は迷惑がかかるから帰ろうと言いますが、虹一は嫌だと言います。涼子は、勉強はやればいいんだから逃げるのはやめよう、やればきっとできるようになるといいます。

すると、虹一が一輝の部屋に逃げ込みます。

涼子が部屋に行こうとすると、一輝が止めます。涼子が連れてきてくれというと、虹一の良いところを100個知ってますと一輝が言います。

涼子はとりあえず下の子を迎えに行きながら虹一の着替えをとりに行きます。育実と一緒に歩きながら、虹一が2階から逃げ出すところを見られたら近所からどう思われるか恥ずかしいといいます。育実は自分もそう思うのはわかると言って、周りからどう思われるのか怖いといいます。

その日の夜、育実が居酒屋に行くと、樫野木(要潤)が一人でいます。ふたりで並んで飲みながら、リスの話をします。なんでそんな所に行ったの?と聞かれると、「行きたいと思ったからです」と育実は答えます。

翌日、一輝と虹一はジョージと一緒に山に行って、リスの食べ残しやバードウォッチングをします。

ふたりが家に帰ると、涼子と育実が待っています。虹一が顔を洗いに行ってる間に、もう二度と一緒に遊んでくれるなといいます。なぜ?と聞くと、人と違っていて目立ちすぎるといいます。この間も参観日に行ったときに、虹一が変なことを言って先生にも保護者にも笑われたと涼子が涙ぐみながら言うと、一輝は虹一はスゴイと言います。

そして、ひとなみにできるように自分が何とかしないといけない、やればできるということを教えてあげたいと言うと、一輝はできないのかもしれないと言います。涼子がやりたくないだけだというと、一輝もむかし人と同じことができなくて先生や友達に怒られたと告白し始めます。だけど、中学の時に研究発表してみんなにすごいと言われて、もっとすごいことをしたい、みんなを見返してやりたいと思うようになってしまい、いきものの観察がつらくなってしまったといいます。

スポンサーリンク

そして、祖父がやりたければやればいい、やらなきゃいけないと思ったらやめればいいといわれて、できてもできなくても自分がいてもいいと思うようになったとはなします。そしたらもう一度いきものの観察が面白くなってきて、やりたいと思ったことをやることはいいことだと思うようになったと話します。

育実は涙を流して聞いています。

そのあと、虹一は笑顔で帰っていきます。

その日の夜、鮫島教授は一輝の祖父の義高(田中泯)の所に行って飲んでいます。

 

ある日の夜、涼子と育実がやってきます。涼子は虹一を医者に連れて行くと、眼の光感受性が高すぎることがわかったと涼子が話します。そして、虹一がみんなと同じようにできないと、自分がダメな母親だと追われるのが嫌だっただけだと涙を流して感謝します。

そして、山田は夕食の支度をして育実も一緒に食べていってくれと言って自分は口実を作って出ていってしまいます。二人は仲良く夕食を食べながら、一輝は育実の良いところを100個は言い始めます。育実がそれ誰でもできることじゃないですか?と聞くと、だれでもできることはすごいことじゃないんですか?と逆に言います。途中から育実が自分で自分のすごいところを言い始めます。

クリニックに帰った育実は、前に破いた雑誌をテープで笑顔で張り合わせます。

育実が帰ってしばらくすると、山田が帰ってきます。一輝が山田にふたりにした真意を問うと、山田は密かに2人の結婚式を想像していると告白します。そして、どんな結婚式にしたいのか山田が話をしてると、

「僕は山田さんから生まれたんですよね」

と一輝が言います。

(⇒8話のあらすじ

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

僕らは奇跡でできているの無料視聴はこちら

ドラマ「僕らは奇跡でできている」のキャスト

  • 相河一輝 高橋一生、都市文化大学講師
  • 水本育実 榮倉奈々、水本歯科クリニック院長
  • 樫野木聡 要潤、都市文化大学準教授
  • 沼袋順平 小嶋一哉、都市文化大学講師
  • 鮫島瞬 小林薫、都市文化大学生命科学部学部長
  • 熊野久志 阿南健治、都市文化大学事務長
  • 相河義高 田中泯、一輝の祖父
  • 山田妙子 戸田恵子、相河家住み込みの家政婦
  • 丹沢あかり トリンドル玲奈、水本歯科の歯科衛生士
  • 須田巧 広田亮平、都市文化大学学生
  • 尾崎桜 北香那、都市文化大学学生
  • 青山琴音 矢作穂香、都市文化大学学生
  • 新庄龍太郎 西畑大吾、都市文化大学学生

各話のあらすじ

以上、ドラマ「僕らは奇跡でできている」の7話の動画とあらすじ(ネタバレ)などです。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました