『僕らは奇跡でできている1話』の動画とあらすじ。高橋一生が変わり者の動物行動学者に!

2018年10月9日(火)から放送されたドラマ「僕らは奇跡でできている」のキャストと1話の動画とあらすじを紹介します。高橋一生さん演じる動物行動学の大学講師の相河一輝は、自分の好きなことになると他のことには目もくれずに突進してしまう変わり者です。ときとして周囲の人間に迷惑をかけてしまいますが、一輝の純粋な気持ちに降れて、次第に昔の純粋無垢な気持ちを思い出していきます。ドラマ「僕らは奇跡でできている」は、見てるひとにもそんな純粋な気持ちを思い起こさせてくれる素敵なドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の1話のあらすじ

相河一輝(高橋一生)は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師。陶芸家でもある祖父の相河義高(田中泯)に見守られて育ち、今は住み込みの家政婦・山田妙子(戸田恵子)と暮らしています。

半年前、かつて師事した鮫島瞬教授(小林薫)のすすめで講師になりましたが、大好きな生き物の研究に没頭する一方で、それ以外のことにはとことん無頓着な一輝。人の話を聞かなかったり、空気を読むことができなかったりして、悪気なく失言してしまうことも少なくありませんです。

その日の朝も、大好きなピリ辛きゅうりを一人で食べてしまい、妙子からにらまれてしまいます。

大学について講義を始めましたが、一輝だけが嬉しそうに楽しく話していて、学生たちはほとんど聞いていませんです。

講義が終わって研究室に返ってくると、事務長の熊野久志(阿南健治)がやってきて、遅刻しては困るとか出欠をとらないとまずいと怒られます。そこに、鮫島教授が出張から帰ってきて糞の化石の話で盛り上がります。お昼に学食で話の続きをすることになります。

お昼になると、お弁当を忘れてきたことに気が付いてバッグの中を探してると、先送りにして前から痛かった歯が強烈に痛み出します。一輝は仕方なく、鮫島教授の知り合いの水本歯科にいきます。

一輝が診察椅子に座ると、院長の水本育実(榮倉奈々)が横にやってきます。一輝は鮫島教授とのワークの話を途切れなく話し始めます。育実は仕方なく半ば無視して診察を始めます。診察が終わって、虫歯だから抜かないと治らないと言うと、他の直せる敗者を探すと言って一輝は出ていってしまいます。

その日の夜、家に帰ってきた一輝はご飯を食べずに部屋に入ります。するとすぐに出てきて部屋に入ったと怒って出てきます。話してる途中に歯が痛くなって抑えます。妙子と言い合いになりますが、言い負かされて部屋に引っ込みます。そのあと、妙子はスープを作ってくれます。

翌日、一輝は痛みに耐えかねて、育実に電話をして緊急で見てもらうことにします。研究室に帰って熊野事務長にいつものように怒られてると鮫島教授から呼ばれます。部屋に入って、先生になった理由がまだ分からないと言いましたがそのうちわかるといわれます。

部屋を出て自分の席に帰ると、探していた標本の歯がみつかります。思わず標本を直してると、水本歯科の予約を忘れてしまい45分もすぎてしまいます。

急いでいくと、さいごの患者さんのあとに回されます。待合室で待ってると、男の子がウサギとカメの絵を書いています。それを見た一輝は、「亀に歯はありませんよ」とはなしかけます。うさぎの歯の話もして仲良くなります。男の子は、なぜ亀は倒れてるうさぎに話しかけずに通り過ぎたのか?と一輝に謎をだして帰っていきます。

しばらくして順番が回ってきて診察室に入ります。育実は料理教室の予約をキャンセルしたことを話しますが、一輝はなぜ忘れてしまったかを話し続けます。治療が終わると抜歯をする日にちを決めて帰ります。

翌日、育実がちがうクリニックで治療をしてると、編集者の患者から輝く女性の特集で取り上げてもいいかと言われます。うれしくなった育実は帰りにネックレスを買って帰ります。

翌日、一輝は講義の中で、なぜシマウマにしまがあるのかをグループ討論させます。学生たちが別な話をしてると、昨日の子供のウサギとカメの話でなぜ亀が起こさなかったかを話し合ってくれと言います。シマウマの問題は次の時間に発表させるといいます。

講義のあと、一輝は飼ってる亀を山に連れていってはなしてあるかせます。そのあと、小さいときから見てる大木に行きます。そのあとに、祖父の義高のところにいきます。そして一緒にご飯を食べます。

そのころ、育実は雑誌のインタビューを受けています。取材のあと、彼氏の鳥飼(和田琢磨)とあってデートをしますが、サラリーマンの彼氏は高い店に連れていかれて戸惑いを隠せませんです。話も経営のことをしてしまったので、帰り道、自分のことを下に見てると言って鳥飼は怒って帰って行ってしまいます。

 

翌日、一輝は講義でシマウマになぜしまがあるのかをグループ単位で発表させます。それぞれユニークな発表をします。最後に一人の生徒が「正解は?」と聞くと、「ぼくもしりません」と笑顔で答えます。それを見ていた鮫島教授は、「順調だね、さすが相河先生」と樫野木準教授(要潤)につぶやきます。

スポンサーリンク

育実は、仕事中でしたが、昨日の彼氏に言われたことを思い出しながらため息をついています。そして、彼氏のことを話してるあかり(トリンドル玲奈)に終八つ当たりしてしまいます。部屋を出ると、そこに一輝がいます。予約の1時間前でしたが、スマホを忘れてしまったので忘れないように来ていたんです。育実は、一輝にも時間を守ってくれ、常識を憶えてくれときついことを言ってしまいます。

怒られた一輝は「帰ります」といって水本歯科をでていきます。すると、昨日の男の子がやってきて謎が解けたと話してくれます。一輝も同じことを考えていたと言ってハイタッチします。そこに育実がやってきてきついことを言ってしまったと謝ります。

水本歯科に戻って抜歯すると、一輝が抜いた歯をくれとまた不思議なことをいいだします。育実がわたしながら、さっきの男のこと知り合いかというと、ウサギとカメの話で盛り上がったと一輝が言います。そして、一輝は育実はうさぎっぽいと言うと、意外に努力型の亀だと育実は答えます。それを聞いた一輝は、「亀は努力型なんですか?」と不思議そうにいって、物語は人それぞれの解釈があるから大丈夫だといいます。

育実が一輝の亀の解釈はなにか?と聞くと、亀は歩くことが大好きでうさぎのことなんか関係ないから声をかけなかったといいます。そして、「ウサギは亀を見下すために走るんです、自分はスゴイって証明したいんです」と言って帰ります。

それを聞いた育実は、「わたしのどこがうさぎなんですか?」と必死になって一輝に聞きますが、答えを聞かずに部屋に戻ります。

(⇒2話のあらすじ

ドラマ「僕らは奇跡でできている」の1話から最終回までの全話や見逃した回の動画を、わずか1分の登録で無料で見る方法です。

僕らは奇跡でできているの無料視聴はこちら

ドラマ「僕らは奇跡でできている」のキャスト

  • 相河一輝 高橋一生、都市文化大学講師
  • 水本育実 榮倉奈々、水本歯科クリニック院長
  • 樫野木聡 要潤、都市文化大学準教授
  • 沼袋順平 小嶋一哉、都市文化大学講師
  • 鮫島瞬 小林薫、都市文化大学生命科学部学部長
  • 熊野久志 阿南健治、都市文化大学事務長
  • 相河義高 田中泯、一輝の祖父
  • 山田妙子 戸田恵子、相河家住み込みの家政婦
  • 丹沢あかり トリンドル玲奈、水本歯科の歯科衛生士
  • 須田巧 広田亮平、都市文化大学学生
  • 尾崎桜 北香那、都市文化大学学生
  • 青山琴音 矢作穂香、都市文化大学学生
  • 新庄龍太郎 西畑大吾、都市文化大学学生

ドラマ「僕らは奇跡でできている」のスタッフ

ドラマ「僕らは奇跡でできている」のスタッフは、

  • 脚本 橋部敦子
  • 演出 河野圭太

です。原作のようなものはないですので、脚本家の橋部敦子さんのオリジナルになります。

脚本書かれてる橋部敦子さんは、1966年生まれのシナリオライターです。愛知県名古屋市出身で、学習院女子短期大学を卒業されて証券会社に勤務されます。そのご、小劇場のダンサーをされてたときに舞台で書いたシナリオをメチャクチャ批判されてシナリオセンターに通いだされます。1993年にフジテレビヤングシナリオ大賞で佳作をとられて脚本家になられます。主な作品は、

  • 僕の生きる道
  • 僕と彼女と彼女の生きる道
  • 僕の歩く道
  • フリーター、家を買う
  • 僕のいた時間
  • A LIFE

などです。

演出の河野圭太さんは、1957年生まれの協同テレビジョンディレクター、映画監督です。大学卒業されてから製作会社に入られて、助監督などをされたあとにフジテレビのドラマの演出を数多くされます。2008年に協同テレビジョンに移籍されます。三谷幸喜志野脚本を多く手掛けています。主な作品は、

  • 古畑任三郎
  • 鹿男あをによし
  • フリーター、家を買う
  • マルモのおきて
  • HOPE

などです。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「僕らは奇跡でできている」のキャストと1話の動画とあらすじ(ネタバレ)などです。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました