ドラマ『ぼくは麻理のなか』の4話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想!依の家庭環境が明るみに。

ドラマ「ぼくは麻理のなか」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。両親に「私を見ろよ」と叫んで部屋に入った麻理の所に、麻理から電話が来ます。翌日、依と二人で麻理の電話を待ちますが、中々かかってきませんです。依はいったん家に帰りますが、中々帰ってこない依を迎えに行くと・・・

スポンサーリンク

「ぼくは麻理のなか」4話のあらすじ

朝、麻理(功)ベッドの中にいると、依空電話がかかってきます。夜にコンビニに行ってみようということです。麻理(功)は何か言いかけましたがやめます。

久しぶりに学校に出てトイレの個室にいると、依が入ってきて朝の電話のことを聴こうとします。すると、ももかたちがやってきて、ももかがヒロキと仲直りしたので、麻理とも仲直りしたいと手を差し出します。すると、依が出てきてももかの手を払います。依がいこうとすると、ももかが麻理のことを友達だといいます。依は振り返って、「麻理のことなんて何にも見てなかったくせに」と言ってももかをピンタします。ももかがやりかえそうとすると、麻理が依をかばいながら「だまれ、やりまんども」とつぶやきます。そして、

「私の友達は、依さんだけだ」

と話します。それを聞くと、ももかたちが逃げていきます。

ふたりっきりになった麻理(功)は麻理から電話があったといいます。ふたりで教室に移動すると麻理(功)は、「ぼくらは仲間だ」と言います。そして、今日は電話が絶対来るからうちに泊まろうと麻理(功)が言います。

学校から依の家によります。荷物を取りに行ってる間、母親から電話がかかってきます。昨日のことを謝って日曜日に何でも好きなものを買ってやると言うコトバを聴いて「ももかといっしょ」とつぶやいて、切ります。

麻理(功)は、依の家に行くと、依の姉の茉里(黒澤はるか)がでてきます。恥ずかしい顔になった依は麻理(功)を家から出して

「なんで来るの。うそつき。なんで私を傷つける。何が友達よ」

そういって家の中に入ってしまいます。

 

その日の夜、麻理(功)は小森功(吉沢亮)の家に行って、麻理から電話がかかってきたといいます。すると、小森功はトイレに行って自分を慰めています。麻理(功)はトイレをあけて小森功を外に出してその行為を手伝います。

すぐに小森功の部屋から出て歩いてると、依からメッセージが来ます。<明日、話せない?>です。

翌日、二人で公園に行って話をします。麻理(功)があやまると、

「あんたの行ったとおりだと思った。ずっと遠くから見ていただけ」

そして、姉の茉里に劣等感を抱いていて、家の中でも自分で居場所を区切ってそこから出ないように必死に身を隠していたといいます。そして、保健室で麻理から抱きしめてもらったときに、本当にうれしかったといいます。

すると、麻理(功)は、

「あのとき、言ったんでしょ、麻理さん。また、ここに来て、待ってるって」

「え?待ってる・・なんで知ってる?」

「ベッドにもぐりこんできたでしょ、そのとき、言ってたよ」

「でも、そのことは言ってない、絶対言ってない」

「でも、ぼく、そのときしか聞いてないし」

「保健室でのこと、できるだけ詳しく言ってみて」

すると、麻理(功)は、保健室で寝ていたときのことを話し出します。依が泣いていた様に見えたこと、麻理は自分のことのようだと思ったこと、地裁頃の自分みたいだなって思ったこと、それで、ここに来てっていったこと、依はちょっとだけうなずいていたことを話します。そこまで話した麻理(功)は、

「あれ、なんで覚えてるんだろう?」

と何か気がつきます。依は、麻理が体の中に眠ってるんじゃないかと気がつきます。依は、麻理(功)を抱きしめて「やっとあえた」とつぶやきます。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ『ぼくは麻理のなか』1話から最終回までの全話や見逃した回の動画は、動画配信サービスFODプレミアムで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)ですが、2週間の無料トライアルを利用して無料で見れます。

スポンサーリンク

FOD公式サイトへ ≫

「ぼくは麻理のなか」4話の感想

面白くなってきます。麻理(功)は、無意識に依と会ったときに記憶を呼び起こしてそれを自分のことだと思って話します。ということは、依がはなしたように、本当の麻理はからだのなか、心の中にまだ残っていて、潜在意識とかに閉じ込められてるのではないでしょうか。

ということは、麻理の心はまだ体の中に入っていて、功の心が二つあるということになります。功の心の中の麻理に関する部分が全くなくなっていて、その部分だけが麻理の中に入ったとはあまり考えられないので、もしかしたら、麻理は多重人格なのかもしれません。そして、麻理の今までの人格は副人格になってしまって、自由気ままに生きている功にあこがれてる「麻理(功)」という人格が主人格になったと考えられます。

となると、これから、多重人格のまま暮らしていくのか、主と副の戦いが起きるのか、どちらかのような気がします。

来週からは、依と麻理(功)と小森功の三角関係が始まるようなので、楽しみです。

「ぼくは麻理のなか」の原作

原作の押見修造さんは、1981年生まれの36歳の漫画家です。2002年にちばてつや賞ヤング部門優秀新人賞をとられて、漫画家として2003年にデビューされます。「漂流ネットカフェ」はドラマ化、「悪の華」はアニメ化、「スイートプールサイド」は映画化されています。普通の漫画家さんとは切り口が違いますので、どの作品もとてもおもしろいです。

「ぼくは麻理のなか」のキャスト

  • 吉崎麻理 池田エライザ
  • 小森功 吉沢亮、引きこもりの青年
  • 柿口依 中村ゆりか、麻理の同級生
  • 麻理の母 西田尚美

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「ぼくは麻理のなか」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました