『ブラックリベンジ』の3話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想★次は南條夕子

ドラマ『ブラックリベンジ』の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。塚本、サユミとスキャンダルを作って陥れた沙織の次の目標は、ネット通販会社の南條夕子です。

スポンサーリンク

『ブラックリベンジ』3話のあらすじ

沙織(木村多江)が出て行った後、情報屋の城田(DAIGO)が沙織の部屋の中にこっそり入ってきて、調べまわります。塚本修二郎(神尾佑)と愛原サユミ(芹那)の写真に赤い×をしてあって、南條夕子(横山めぐみ)の写真には何もしてないのを見て「あ、なるほどね」とつぶやきます。

その頃、沙織は、元秘書で協力者の高槻裕也(堀井新太)のところで夕子の情報を聞いています。夕子は実の父親から社長を譲り受けるために、スキャンダルを捏造して告発しています。高槻がこの復習を終えたらどうするかを聞くと、沙織は何も答えませんです。高槻はひそかに沙織のカバンに盗聴器を取り付けます。沙織は高槻に頼み事をします。

沙織が家に帰ってくると、誰かに入られた気配を感じます。ベランダに出た沙織を、隣のビルの屋上から城田が見ています。

 

翌日、サユミが何とかしてくれと夕子に泣きついています。しかし、夕子は、商品価値のないサユミはもう終わったのよと言って突き放します。

城田は天満に会いましたが、沙織の部屋で見たことは一切話しませんです。

沙織は週刊星流の編集部に行くと、芦原咲良(岡野真也)に、南條夕子の隠しマンションを見つけてそこに出入りしてる人を全部写真にとってこいと命じます。沙織が出てくと、天満は咲良に何を頼まれたのかを聞きます。天満は編集長になぜ沙織を週刊星流似いれたのかを聞きます。沙織は桂やうライターにしてくれと言っていきなりネタを3つ持ってきたそうです。即採用です。

沙織が道を歩いてると、城田に声をかけられます。警護のことで話があるといわれたので屋上についていくと、沙織の部屋の写真を見せて次のターゲットは夕子か?と聞きます。そして、復讐してるのをばらされたくなかったら、1週間後に1000万円用意しろと言って歩いていきます。

咲良は夕子の隠しマンションを見つけて写真を撮り始めます。

沙織はカウンセラーの糸賀朱里(鈴木砂羽)のところに行って城田のことを話します。朱里は「大丈夫、私が守ってあげるから」と慰めます。沙織は、夕子を必ず地獄に叩き落すと宣言します。それを高槻は盗聴器で聞いています。そこに、天満がやってきます。高槻は、カウンターの下にあるPCで天満の正体を確認して、沙織は恋人だと話します。

翌日、沙織は編集部に行って咲良から撮ってきた画像を見せてもらうと、一人の若者に目をつけます。イケメン俳優の川崎隼也(大和孔太)です。

 

沙織の妹の石山綾子(中村映里子)がカウンセラーの朱里のところに来て最近沙織の様子がおかしいといいます。すべてが終わったら、朱里が責任を持って話すからといってなだめます。すると、朱里は綾子が沙織に秘密にしてることは話すことができたのかと聞きます。それを話すと自分が復讐されるかもしれないというと、それは大丈夫だと朱里は言います。

沙織が高槻のところに行くと、天満がきたことを聞きます。高槻は、川崎隼也の事を調べたといって画像を見せます。やはり、芸能の仕事を世話する変わりに食い物にしてるようです。翌日、川崎に直接会って話をさせるといいます。

天満は、城田と会って、高槻が沙織に協力してると話します。

 

沙織は川崎の撮影場所に行って、「これから夕子にだかれに行くの?」と話しかけます。週刊星流の名前を聞くと、川崎はビビリます。沙織は、夕子に奉仕している割に、もらえる仕事が少ないといいます。大きな仕事を与えると自分の手の中から逃げていってしまうので、小さな仕事しか与えずに飼いごろしにされてるといいます。チャンスを自分で見つけてももみ消されるといって「このままで良いの?」というと、「じゃあ、ぼくはどうすれば良いの?」と震える声で言います。沙織は

「つぶされる前につぶすの。きみが南條夕子にされたことを一部始終独占告白するのよ」

「独占告白って、そんなことしたら」

沙織は、川崎の個人情報は隠すし、スクープがでたら夕子と夕子の会社のイメージは失墜するし、今ここで変わらないと、一生南條のいいなりになってしまうといいます。せっかくの才能をこんなところで終わらせてしまってもいいのか、これが最後のチャンスよというと、

スポンサーリンク

「わかります。言うとおりにします」

と川崎は答えます。

その日の夜、沙織は、圭吾ととった写真の前にウイスキーグラスを置いて、「もうすぐ終わるからね」と乾杯します。

 

翌日の夜、沙織は夕子のマンションのロビーでサングラスをかけて待っています。夕子が入って行った後、川崎が中に入っていきます。川崎は、夕子といる現場を写真にとってくれと昨日頼んでいます。沙織は圭吾の最後の言葉を思い出してると、川崎から着信があります。それを見た沙織はマンションの中に入ってきます。

夕子の部屋の中に入っていって、二人が絡み合ってる寝室のドアを開けて一歩踏み出すと、フラッシュがたかれます。川崎が笑顔で「はい、チーズってね。」といいます。川崎は昨日の感じとはまったく逆で、

「おれが夕子さんをうらぎるわけないだろ。もう売れることなんかあきらめてるのさ。お金もらえれば良いのさ」

と笑顔で沙織をだましたことを話しています。そして、「撮った写真をどうしようかな~」と沙織を脅しています。大笑いする川崎に、

「このままでは済まさない。南條夕子は必ず地獄に落とす。そしてお前も骨の髄まで炎上させる」

とにらみつけていました、。

 

別な部屋では、夕子が美少年の相手をしています。それは美少年愛人倶楽部で働かせるための研修です。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ『ブラックリベンジ』1話から最終回までの全話の動画は、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは2週間の無料お試しをしていますので、それを利用して無料で見れます。こちらから詳しくお確かめください。

Hulu公式サイトはこちら ≫

『ブラックリベンジ』3話の感想

面白かったですね。DAIGOさんのサイコパスな演技が良かったです。もしかしたら、あの優しい仮面の下には、あんなDAIGOさんが隠れてるかもしれないと思うと、ちょっと怖かったですね。

今回の沙織は、ちょっと今までの冷静な計算のできる沙織ではなかったです。簡単に川崎の口車に乗ってしまいまんまと部屋まで行ってしまいますし、あの状態なら、川崎に襲われる可能性だってあります。あれだけの美貌ですから、川崎だって放ってはおかないような気がします。いずれにせよ、川崎を裏切らせる動機としてはちょっと弱かったような気がします。

DAIGOさん演じる城田の脅迫も、法に触れてることは沙織はしておらず、相手の方がわるいことをしていたのですから、よく考えてみれば脅される必要は全くないです。沙織は単純にスクープをものにしただけですからね。

なので、これからいかにして城田の追及を逃れるのかとても楽しみですし、川崎をうらぎらせて独占告白をさせるのか、それとも予告に出てきた運転手を何とかするのか、とても楽しみです。

『ブラックリベンジ』のキャスト

  • 今宮沙織 木村多江、週刊誌の記者
  • 寺田圭吾 高橋光臣、沙織の夫、5年前に亡くなる
  • 石山綾子 中村映里子、沙織の妹
  • 糸賀朱里 鈴木砂羽、カウンセラー
  • 高槻裕也 堀井新太、圭吾の元秘書、沙織の協力者
  • 福島勲 佐藤二朗、週刊星流編集長
  • 天満龍二 平山浩行、編集部デスク
  • 城田純一 DAIGO、天満に雇われた調査員
  • 田村雄大 竹内まなぶ(カミナリ)、編集部員
  • 岡島まこと 石田たくみ(カミナリ)、編集部員
  • 芦原咲良 岡野真也、新入社員、沙織のパートナー
  • 塚本修二郎 神尾佑、沙織の夫の敵
  • 愛原サユミ 芹那、沙織の夫の敵
  • 南條夕子 横山めぐみ、沙織の夫の敵
  • 彩香 白羽ゆり、塚本のプロ愛人

3話以外のあらすじ

以上、ドラマ『ブラックリベンジ』の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました