ドラマ『明日の約束』の6話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。長谷部が襲われる?

ドラマ『明日の約束』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想と動画の紹介です。圭吾の母親、真紀子が「一度、2人きりで話がしたかった」と、突然日向の前に現れます。その頃、バスケ部のキャプテン長谷部大翔が何者かに襲われ重傷を負っていた。バスケ部顧問の辻(神尾佑)に続き、またも起きた悲劇――。変わり果てた大翔を最初に発見した希美香(山口まゆ)は、現場から逃げていく犯人らしき人物を見たと話します。

スポンサーリンク

『明日の約束』の6話のあらすじ

長谷部が公園で傍観に襲われてしまいます。

その頃、学校の前に圭吾の母親真紀子(仲間由紀恵)がやってきて日向(井上真央)に話しかけます。

「こんばんは。一度、二人きりで話がしたくて」

日向は、相談室に連れて行って、お茶を出します。真紀子は日向も年頃だと言って、

「わかってほしいんです。あなたも子供を持てば、きっとわたしの気持ちがわかるはずですから。母親にとって、子供の存在は人生のすべてです。それを奪われたつらさは、子を持つ親じゃないと理解できません。記者会見の後、わたしに言ったでしょ。あのコトバを聴いて、もしかしたら、わたしと圭吾のことを何かごかいされてるんじゃないかと」

「圭吾君の携帯はお母様が管理されてるんです?家出のときも携帯をおいていったそうなので」

「不登校になってからわたしが預かっています。バスケ部の先輩から連絡が来るのが怖いからって」

「彼が亡くなった日も?あの日の朝、バスケ部の生徒がひとり、圭吾君からのメッセージを受け取ります。でも。圭吾君がなくなったのは、実際は深夜だったと聞きます。なら、あのメッセージは?」

「わたしがおくりました」

「どうしてそんなこと」

「それが圭吾の本当の気持ちだからです。あの子は遺書も何も残さずに亡くなった。あの子の気持ちを一番理解してるわたしが、気持ちを代弁して何がいけないんです?」

「たとえ、親子でも気持ちを100%理解することはできないんです。だから」

「あなたがあの子の気持ちを乱したんです。苦しんでいたあの子をあなたが。圭吾が家出したとき、あの体育館で何をしてたんです?あの子はあなたに何を話したんですか?」

「それは・・・お答えできません。圭吾君のプライバシーにかかわることですから」

「あの子はなくなったんです。ふざけないでださい。本当はあなたに負い目があるんじゃないですか?」

日向が何も言わないでいると、「覚悟して置いてください、訴える準備はできてますから」と言って帰っていきます。

真紀子が帰った後、携帯を見ると、大宮先生(新川優愛)から着信があります。折り返すと、長谷部が襲われたということで、すぐに病院に行きます。病院に行くと、治療は終わって長谷部は寝てるようです。すると、マネージャーの希美香(山口まゆ)が犯人を見たと日向に言います。警察にも話したけど、やせて背の高い女の人だということです。

翌日、日向は圭吾の幼馴染の白井香澄(佐久間由衣)のことを調べています。1年生のときの担任は霧島先生です。

校長から、桐嶋先生と日向に、いじめとは関係ないという調査書を真紀子に来週渡すといわれます。おそらく告訴になるし、校長と日向の立場が悪くなるといわれます。

部屋から出ると、霧島から、圭吾のクラスメート達が全員でお焼香に行きたいとお願いされたと聞きます。区切りをつけるためにはいいことだと思うけど、間違いなく拒否されるから思いとどまらせる指導をするといわれます。日向は、香澄のことを聴こうとしましたが、思いとどまって、香澄に聞きたいことがあるとメッセージします。

その日の夜、日向は本庄の家に行きます。本庄から週末にいっしょに両親に会いに行ってくれといわれます。日向はOKします。日向は家に帰ると、母親の尚子(手塚理美)にプロポーズされたことを言います。尚子は笑顔で喜んでくれます。

 

翌日の昼、田所が相談室に来て、圭吾のお焼香について日向に相談しに来ます。そして、ウサギがいなくなった後、圭吾が「汚れてるから」と言っていたと言います。日向は中学校に行って話しを聞きます。担任だった教師は、母親が何度も文句を言いに来て大変だったと言います。そして、圭吾はあきらめてる感じで何も言わずに従っていたといいます。さらに、妹のことについては何も言ってこないので変だと思ってたと言います。

日向がウサギ小屋を見てると、妹の英美里(竹内愛紗)が話しかけてきます。ウサギの件は自分もそう思っていて、自由になりたかったからじゃないかといって歩いていきます。

沢井と希美香が長谷部のお見舞いに行きます。長谷部は犯人探しはするなと言うと、沢井が、動画を撮った渡辺がいなかったときに、クラスに日向と霧島先生がいるところを見たやつがいると話します。

圭吾の父親の吉岡正孝(近江谷太朗)のところに、記者の小嶋修平(青柳翔)が話を聞きに行きます。別居状態とか、ほかに女がいることは知ってるといって話を聞きます。

 

翌日、3年の学年主任宮崎先生(馬淵英里何)から香澄のことで相談を受けます。昨日、香澄がいきなり来て話をしたと言います。切羽詰ってる感じがしたので話しを聞いてもらいたいということです。そして、昨年、歩道橋から落ちた生徒がいて、3年の望月朱里という子でおそらく香澄をいじめていた子だと思うと言います。朱里が誰かに突き落とされたといったので、香澄も疑われたのですが、香澄はそのときバイトしていたアリバイあったということです。

日向はその歩道橋に行って香澄に連絡しましたが、出ませんです。

 

週末、日向は本庄の家に行きます。そこで、本庄には兄がいて11年前に事故で亡くなったと聞きます。お線香を立てさせてくれと日向が言うと、本庄の顔は引きつっています。

スポンサーリンク

帰り道、本庄に兄の事を聞くと、親からの期待が大きすぎてかなり荒れていたと話してくれます。本庄は、日向と母親の間に入って仲直りさせたいというと、

「言い人だよね、カズは。うちの母親の左手、わたしのせいなんだ」

そういって、むかし神社で日向をかばおうとした時の傷だと言います。母親が入院してるときに志望校を変えて家出をしたと言います。ただ、本当は日向が母親を突き飛ばしたことはいえませんです。

真紀子は、いじめの会に行って弁護士と話しをしています。弁護士は学校ではなくて個人を告訴したほうが言いと言います。校長、長谷部、辻先生とあげてくと、真紀子は霧島先生も、と言います。前に務めていたところでも何かあったと言うことです。さらに、日向をぜひ訴えてくれと頼みます。

掲示板には、「母親が悪い」「毒親」という書き込みが増えてきています。いじめの会のひとも霧島先生もそれを見ています。

日向が家に帰ってくると、尚子から本庄の家でどんな話しをしたか聞かせてくれと言います。部屋に入ると、香澄のLINEに「退室しました」と出ています。スーパーに電話すると、今日でやめたといわれます。

香澄が電話すると、歩道橋の上に立っています。そこにいこうとすると、「こないで。そこで話して」と断られます。

そこで、日向が携帯で、朱里がその歩道橋から落ちたのは圭吾の仕業じゃない?というと、香織は自分がやろうと思ってたといいます。ただ、その前に圭吾にあったときに、「僕がやるから。そのほうが良いんだ」といわれたと言います。そして、辻先生と長谷部をやったのは自分だと香澄は認めます。

いっしょに警察に行こうというと、

「だめだよ、まだやることあるから。あとひとり、ぜったい」

そういうと電話を切って走り去ります。

日向は追いかけましたが姿が見えなくなります。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「明日の約束」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

『明日の約束』6話の感想

面白かったですね。やはり、香織がすべての事件のカギを握っています。辻先生、長谷部を襲ったのは佳織で、香織もまたいじめられています。そのいじめていた相手を怪我させたのが圭吾です。なぜ圭吾が香織のために相手を突き落したのかは、はっきりしませんでしたが、そこにも母親に対する反抗心が加わっていたのかもしれません。

後わからないことは、霧島先生の行動と、だれが動画をネットに流したのか?です。多分、霧島先生だとは思いますが、流した理由が分かりません。桐島先生も、謎をまだかくしたままなので、ちょっと不気味です。

ドラマも中盤になってきましたが、ドラマの脚本家や演出家が言いたいことがちょっとわからなくなってきます。初めは、カウンセラーがみんなの心を救ってくれるような感じで、いじめやそれにまつわるいろいろな問題の解決策のヒントを出していくと思っていましたが、単なるミステリーになってきてしまったような気がします。

日向と母親、本庄と両親の関係も、ずっと同じで何も解決策を提示していません。実際問題として、二人が結婚したら本庄の家に入るのでしょうし、一人っ子同士なので両方の親を面倒見ていかないと行けないのですから、親との問題をちゃんと解決しないといけないわけです。

このままいくと、圭吾の母親と霧島先生の秘密が暴かれておしまいになってしまい、結局何も解決しないまま終わってしまいそうです。多くの人が多かれ少なかれ同じような問題を抱えてると思うのですが、見てるひとたちにも何か解決のヒントになるようなものをドラマの中で描いてから終わってほしいと思います。このまま終わってしまったら、傷を穿り返されただけになってしまうんじゃないかなと感じます。

『明日の約束』のキャスト

  • 藍沢日向 井上真央、椿が丘高校のスクールカウンセラー
  • 藍沢尚子 手塚理美 日向の母親
  • 本庄和彦 工藤阿須賀、日向の恋人
  • 吉岡真紀子 仲間由紀恵、圭吾の母親
  • 吉岡圭吾 遠藤健慎、真紀子の息子、1年B組、不登校で亡くなってしまう
  • 吉岡英美里 竹内愛紗、圭吾の妹
  • 吉岡正孝 近江谷太朗、真紀子の夫、教育委員会勤務
  • 白井香澄 佐久間由衣、圭吾の幼馴染、フリーター
  • 小嶋修平 青柳翔、週刊誌記者
  • 轟木博雄 羽場裕一、校長
  • 霧島直樹 及川光博、1年B組担任
  • 北見雄二郎 白洲迅、2年A組担任
  • 大宮奈緒 新川優愛、2年副担任
  • 柏木康介 中林大樹、2年学年主任
  • 宮崎麻子 馬淵英里何、3年学年主任
  • 田所那美 井頭愛海、1年B組学級委員長
  • 上野由依 夏子、1年B組生徒
  • 渡辺純也 掘家一希、1年B組生徒
  • 増田希美香 山口まゆ、バスケ部マネージャー

各話のあらすじ

以上、ドラマ『明日の約束』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想、動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました