ドラマ『明日の約束』の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想。

ドラマ『明日の約束』の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想と動画の紹介です。真紀子は弁護士の力を借りて記者会見を開いて問題を世間に訴えることを決め、事態は収まるどころか、さらなる波紋をよんでいきます。そして学校では、長谷部の暴行疑惑を伝える動画を流出させた犯人探しが始まります。

スポンサーリンク

『明日の約束』の5話のあらすじ

バスケ部のキャプテン長谷部は、圭吾に

「たばこのこと、先生にばらします」

と脅されます。

長谷部は、圭吾の前ではなんかいも吸ったことがあると日向にいいます。そして、圭吾は証拠として、部屋で吸ったときの長谷部の音声が録音してあると言ったといいます。それから圭吾を避け始めて、ほかの部員もおなじように避け始めたと言います。結局、夏休みの練習も来なくなったようです。

そして、メッセージで何度かやり取りしていて、最期のなくなったときの朝にもらったメッセージをみせてくれます。

日向は校長とか霧島たちにその話をすると、長谷部は自宅待機にしたほうがいいということになります。脅したのが圭吾だし、バスケ部だけでなくクラスでも浮いていたので、それが直接の原因ではないんじゃないかと霧島が言うと、日向は、「親にそうするようにいわれたかもしれない」と言います。それを聞いた校長は、それ以上言うなと日向をとめます。

仕事が終わって帰ろうとすると、本庄から「大事な話がしたいので電話をください」とメッセージが入っています。

その頃、本庄は、父親と母親に始めて日向のことを話して、日向と結婚したいと言います。本庄の兄が11年前に亡くなってたので、両親はすぐに許してくれます。

日向が本庄の部屋に行って話しを聞くと、日向の母親の話をしたあとに、

「僕と結婚してほしい。僕は日向の見方だから、味方だし支えたいと思ってるし、今はそういうタイミングじゃないと思ってるけど・・・やっぱり、いまのなし、どっか夜景の見えるレストラン予約して、指輪も用意してもう一回ちゃんと」

「できないでしょ」

「できないって、ノーってこと?」

「じゃなくて、なしにはできないでしょ、プロポーズ」

「やっぱり、お母さんが心配?」

「いいよ、結婚しよ。でも、学校のことが落ち着いてからね」

本庄はやさしく日向をだきしめます。

 

圭吾の母親の真紀子(仲間由紀恵)が「いじめの被害者の会」で体験を話しています。

学校では、バスケ部のキャプテンがけんかをしてる動画をネットで流した犯人探しが生徒達の間ではじまっています。

日向と霧島は、クラスメートの田所を呼んで圭吾が中学のときもクラスから浮いていたことを聞きます。田所は違うクラスだったので、うわさだったけど、学校で飼っていたウサギをどこかに連れて行ってしまって浮いていたといいます。圭吾と仲良しだった沢井を呼んで話を聞くと、圭吾が嫌われていたのは圭吾の母親のせいだといいます。クラスがえのときや成績が悪いから先生を変えるとか、いろいろ口を出してきたということです。たばこのことも、母親から無理やりやらされてるんじゃないかと思ったけど、圭吾に聞いたら違うといってたといいます。

日向は相談室で霧島と話しています。霧島は母親は関係ないと言いますが、日向は納得がいきませんです。

その日の夜、日向が家に帰ると母親の尚子(手塚理美)がソファに寝ています。熱が出ていましたが、そこに寝たいとわがままを言います。日向は、そんな母親を放っては置けませんです。子供のころ、日向に熱がでたときはやさしく看病をしてくれたからです。日向はりんごをすって食べさせます。

翌日、理事会の幹部達がやってきて、長谷部を退学にしろと言ってきます。

北見先生(白洲迅)は長谷部のところに家庭訪問をしにいきます。翌日、理事会も来て聞き取りがあるので自分の気持ちをしっかり伝えれば言いというと、「強制退学でも委員ですけど。それが罰って言うもんでしょ」といわれます。

日向は、圭吾の幼馴染の白井香澄(佐久間由衣)に会いに行きます。二年B組だったけど、1年のときから無視とかお金取ったとかいろいろあって2年の6月でやめたと言います。そのときに手首を切ったと香澄がいうと、日向は同情します。いまは優しい言葉はつらいといって、「今度はこっちの番だから」と日向に聞こえないようにつぶやいてあるいていきます。

 

翌日、鎌倉からいじめを根絶する会から、記者会見をするというファックスが学校に届きます。校長は早めに状況を知りたいといって、霧島と日向が聞きに行くことになります。記者会見では、真紀子がいじめの証拠があるといって長谷部がタバコを吸った時の音声を流します。

帰ろうとすると、真紀子がでてきて校長が来なかったのは不誠実な対応だとなじり始めます。日向は、

「精神的な苦痛は、本当にバスケ部から受けたものだけなんでしょうか。部員からの聞き取りでもともとの関係は良好だったと聞いています。険悪になった理由は」

「喫煙のことを脅されたから、そういったんでしょ。正義感の強い圭吾は、勇気を出してたばこをやめてほしい不真面目な姿勢で続けるなら部をやめてほしいと伝えたんです。それは、間違った行為ですか?」

「私が聞いたのは違ったないようです。吉岡君は」

日向が話し出そうとするところを霧島に止められます。真紀子も弁護士に連れられて中に入ろうとすると、日向は

「吉岡さん、その録音は、本当に圭吾君の意思でしたものですか?」

「あたりまえでしょ」

そういい捨てて中に入っていきます。

 

日向と霧島が帰る途中、真紀子をたきつけた記者の小嶋(青柳翔)が「コメントお願いします」と声をかけます。忙しいのでといこうとすると、

「さっき藍沢先生がいっていたこと、あながち間違いじゃないと思いますよ、あの母親、ちょっと変ですから。っていうか、壊れてるっぽいんで、あの家族」

「どういう意味ですか?」

「取材受けてくれる気になりました?無理強いはしませんよ。部屋を黒く染め、深夜に命を絶った、襲撃されたバスケ部顧問、この先の展開もまだまだ楽しめそうなんで」

それを聞いた日向は、

「ちょっとまってください。今なんて言いました?吉岡君が亡くなった時間です。今、深夜って」

「ああ、ニュースでは未明としかかかれてないんでしたっけ」

「正確な時間、わかりますか?」

小嶋は夜中の2時から5時だと教えてくれます。日向は、長谷部から聞いた、圭吾からの最期のメッセージが朝の登校の時間だったことを思い出します。

スポンサーリンク

 

日向がいそいで学校にもどって、理事会に連れて行かれる長谷部を呼び止めて、圭吾の最期のメッセージを見せてもらいます。そして、長谷部に、亡くなった時間はこれよりも前だから、これを送ったのは圭吾じゃないと言います。どうして命を絶ったのかわからないけど、この言葉は圭吾のものじゃないとやさしく繰り返します。圭吾はその場でスマホを握り締めて崩れ落ちて泣き出します。

そこに、マネージャーの希美香(山口まゆ)が動画流出の犯人がわかったと言いに来ます。霧島と日向が屋上に行くと、1年の同じクラスの渡辺がみんなに取り囲まれています。渡辺は動画をとったことは認めますが、さらしていないといいます。渡辺は、動画を取った日の次の日の体育のときにデータを盗まれたと言います。渡辺は、圭吾が亡くなったのが自分のせいじゃないと思いたくて、撮ったと言います。

バスケ部のみんなは絶対に渡辺を許さないと言いますが、日向は、間違ったことをしたからいじめて言い問う理屈はないといいます。そこに長谷部がやってきます。渡辺は「ごめんなさい」と言って謝ります。長谷部は「わかった、信用する」といいます。バスケ部のみんなは「いいのか」と言いますが、こういうのはきりがないからと言って、必ず戻ってくるから問題を起こすなと言います。

それを聞いて霧島先生は、苦虫を噛み潰した表情になって、そこからたちさります。

長谷部は、理事会の人の前で、バスケ部を続けたいからやめたくないといいます。日向も、一人の生徒に責任を押し付けるのは納得がいかないといって、北見先生も頭を下げます。校長先生も藍沢先生に賛成すると反論します。

その日の夜、長谷部がマネージャーの希美香と二人で公園でバスケをしてます。長谷部がトイレに行くと、何ものかにスタンガンで気絶させられます。

遅くなった長谷部をトイレに探しに行くと、長谷部は頭から血を流してたおれています。

日向が学校を出ようとすると、圭吾の母親の真紀子がやってきます。

「こんばんは。一度、二人きりで話がしたくて」

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「明日の約束」の1話から最終回までの全話を、FODプレミアムという動画配信サービスで見れます。FODプレミアムは月額976円(税込)でフジテレビのドラマをメインに見れるサービスです。

2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に無料で見れます。詳しくはこちら。

FOD公式サイトへ ≫

『明日の約束』5話の感想

おもしろかったですね。なぞが少しずつ分かりつつあるのですが、さらに事件や謎が増えてきていてしまいます。長谷部を襲った人はおそらくバスケ部の顧問を襲った人と同じでしょうし、圭吾の妹がパパ活のようなことをしてるし、ドンドン暗い方に流れています。日向の恋人の本庄も、兄がなくなったことで、おそらく両親のすべての愛情が降り注いできているような気がします。結婚しても、どちらの親からも離れないと良い夫婦生活は遅れないような気がします。

良かったのは、圭吾の最後のメッセージが本人が書いたものではなかったことです。あの瞬間に長谷部を縛ってたなにかがきれて泣き崩れたんだと思います。すべてのものが自分のせいだと思っていた所から少し解き放されたと感じます。

今回のドラマでは、おそらく仲間由紀恵さん演じる圭吾の母親が悪いということになると思いますが、そうなったときに、今回に出てきたいじめの会で聞いていた母親たちはどう思うのか、ちょっと不安になります。ドラマの中だけでなく、現実にお子さんをなくされた母親の方たちは沢山います。その人たちが見ていたとしたら、その人たちがどう思うのか考えてしまいます。逆にいじめていた人たちはどう思うのか、とても危険なドラマなのではないでしょうか。

自らの命を絶った人たちの本当の理由は、分からないと思います。

ですが、大事なことはコトバだと思います。暴力を振るわれていたり、身の回りのものに何かをされていたり、いろいろあると思いますが、最後はコトバによって、絶望したり、希望をもったりするのではないかと思います。コトバの力はとても強いものです。日向の母親の尚子も、言葉で日向を攻めたてています。圭吾の母親もそうです。親は普通だと思ってるコトバが、実は子どもにとってはとても重いものになってるということもあります。

例えば、毎日、会うたびに勉強しろと繰り返し言われてたら家出してしまうかもしれません。逆に、良い子だと言い過ぎても足かせになってしまいます。あなたも自分のことや親のこと、子供のことを考えてみれば思い当たる節があるかもしれません。

それだけコトバは強いものですから、感情で話す前に、一呼吸おいて話してみることをおすすめします。そして、相手の頭の中を想像して何を考えてるのかをおもいえがいてください。その上で、きつい言葉を優しい言葉に変えるなどをして、話をしてみる方が良いと思います。

『明日の約束』のキャスト

  • 藍沢日向 井上真央、椿が丘高校のスクールカウンセラー
  • 藍沢尚子 手塚理美 日向の母親
  • 本庄和彦 工藤阿須賀、日向の恋人
  • 吉岡真紀子 仲間由紀恵、圭吾の母親
  • 吉岡圭吾 遠藤健慎、真紀子の息子、1年B組、不登校で亡くなってしまう
  • 吉岡英美里 竹内愛紗、圭吾の妹
  • 吉岡正孝 近江谷太朗、真紀子の夫、教育委員会勤務
  • 白井香澄 佐久間由衣、圭吾の幼馴染、フリーター
  • 小嶋修平 青柳翔、週刊誌記者
  • 轟木博雄 羽場裕一、校長
  • 霧島直樹 及川光博、1年B組担任
  • 北見雄二郎 白洲迅、2年A組担任
  • 大宮奈緒 新川優愛、2年副担任
  • 柏木康介 中林大樹、2年学年主任
  • 宮崎麻子 馬淵英里何、3年学年主任
  • 田所那美 井頭愛海、1年B組学級委員長
  • 上野由依 夏子、1年B組生徒
  • 渡辺純也 掘家一希、1年B組生徒
  • 増田希美香 山口まゆ、バスケ部マネージャー

各話のあらすじ

以上、ドラマ『明日の約束』の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想、動画です。

スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました