『アシガール』の2話のあらすじ(ネタバレ)と感想と動画を見る方法

ドラマ『アシガール』の2話「若君目指して一直線」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。弟の尊によって戦国時代に来てしまった唯は、黒羽城の若殿、忠清に恋をしてしまいます。うまくお城にもぐりこむことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『アシガール』2話のあらすじ

現代の女子高生だったはずがタイムスリップして、戦国に来てしまった唯(黒島結菜)は、一目ぼれしたお城にいる若君・忠清(健太郎)のそばに行きたいと思っています。どうにかならないかと商人に聞くと、戦場で武将の兜首を上げるか、お殿様に近い家臣に雇われることだと教わります。普段から中の悪い天野家と千原家の家老どうしが家来に競わせる「かけくらべ大会」がおこなて、もしかしたら天野家の隠居、信茂(イッセー尾形)だったら、空きができたので雇ってもらえるかもしれないと聞きます。

唯がかけくらべ大会の場所に来ると、信茂が若君の守り役も勤めたことも聞いて近づいていきます。

信茂の代表の家来は病気で寝込んでしまったので、延期してくれと千原に相談しています。唯が「ぜひわたしに」と言いましたが無視されて、信茂は馬に乗って、代わりの家来を連れに行きます。唯はその後を追いかけて走り出します。途中で追いついた唯にびっくりした信茂は、唯をかけくらべに出します。唯は、勝ったら天野家で雇ってくれとお願いします。信茂は、「考えておこう」と話します。

唯の相手は悪丸という黒人の青年です。唯はスタートで出遅れましたが、悪丸は思いのほか遅くて、すぐに抜くことができます。ただ、折り返そうとすると、千原の部下によって足をわなでとられて倒れてしまいます。そこに、悪丸がやってきて、千原の部下を押し倒して、唯を救ってくれます。

そのあと、唯は見事に大差をつけて悪丸に勝つことができます。ただ、信茂に褒美の事を聞くと、武芸がまったくできないことを見透かされて、「この腕で、どうやって守るつもりじゃ。出直してまいれ」といわれてしまいます。悪丸たちも解雇されたようです。

唯が褒美にもらったわらを担いで家に帰ろうとすると、悪丸がやってきて変わりに担いでくれます。そして、唯の家来になるといっていっしょに歩き出します。家に帰ってきて、二人並んで、一生懸命働くのでここにおいてくれとお願いします。吉乃(ともさかりえ)が断ろうと話してると、二人は寝てしまいます。

次の日から、唯と悪丸は畑の手伝いを始めましたが、唯はまったく役に立ちませんです。

次の日の朝早く、若君からどんどん離れていくと感じた唯は、ふたたび城に向かって歩き始めます。

城では、羽木忠高(石黒賢)が忠清や部下たちを集めて軍議を開いています。高山軍に小垣城をとられた後の対策をどうするかと、忠清に聞くと、近くの松丸家と結んで味方につけて、小垣城を取り戻すと答えます。そのために、忠清と松丸家の姫君との婚儀を進めることが決まります。

唯が山道でお城を見ていると、忠清の異母兄の成之(松下優也)が通りかかります。チャンスと見た唯は、お城に入れてくれと頼みましたが断られます。そして、忠清と成之の身分の違いを説明してくれます。そして、国策のために松丸の阿湖姫(川栄李奈)と結婚することを聞きます。それを聞いた唯は、成之を置いて山を降りてあてもなく漂ってると、夜になってしまいます。

すると、馬に乗った忠清がすぐそばまで現れます。声をかけようとしましたが、馬で走っていってしまいます。その後に、刀を持った浪人に「何者じゃ」とすごまれます。

身の危険を感じた唯は、弟の尊(下田翔大)にもらったまま持っていた短刀を引き抜いて逃げ出します。浪人はその後を追いかけますが、唯の体がきえてしまいます。

 

走っていた唯は、気がつくと尊の実験部屋です。現代に戻ってきたんです。唯は大喜びします。そこにやってきた父親の覚(古舘寛治)に「心配かけてごめんね」と抱きつきますが、「まだ3分しかたってないから大丈夫だよ」といわれます。

尊のタイムマシンは、満月のときに片道しか使えなくて、帰ってくるには、次の満月まで待たないといけないと教えてくれます。そして、月日をあわすために、満月を1回分少なく設定したと話します。なので、行った人間は1ヶ月ですが、周りの人にとっては、1~3分しかたってないということです。

食事をして自分の部屋に戻った唯は、やっぱり平成のほうが良いと実感しましたが、夢の中では、うれしそうに忠清の馬に乗っています。

翌朝、目が覚めると、夢を思い出して母親の美香子(中島ひろ子)に抱きついて泣き出します。

学校では、お昼ごはんをたべながら、友達に

「あの人にあったときにね、この人と会うために17年間生きてきたんだなって、そう思ったのに。なのに、もう二度と会えない」

と話をしましたが、友達はちょっとおかしくなった唯の話についていけず、笑っていましたが、羽木九八郎忠清の名前を言うと、その中の一人が、地元の武士で、歴史で教わったはずだとはなしてくれます。

スポンサーリンク

唯は、歴史の先生のところに言って、羽木九八郎忠清の事を聞きます。すると、羽木家は、永禄二年(1559年)に高山家と戦って滅んだと聞きます。唯は、黒羽城公園に行って、羽木家が滅んだことを確かめます。そして、後半年で滅んでしまうことを考えて

<行かなくちゃ、戦国に。若君様を守るために>

と決意します。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ『アシガール』は、U-NEXTのNHKまるごと見放題パック(990円/月)で見れます。U-NEXTには31日間無料お試しと、初日に600Pプレゼントがあります。それを使えば、400Pを購入してNHKまるごと見放題パックで見ることができます。

どちらにしろ、U-NEXTはかなり使いやすい動画配信サービスなので、こちらから詳しいことをご確認ください。

クリックしてU-NEXTに行く!

『アシガール』2話の感想

面白かったですね。黒島結菜さんの元気の良さがとてもいいですね。それに、さすがのNHKですから、セットとかロケがとてもうまくできていて見ていても引きこまれます。

ただ、残念なのは、黒島結菜さんの恋心がちょっとつたわりずらいかな~と感じます。原作を見ると、もっといじらしい漢字で書かれていますし、若殿ももうすこしシャキッとしてる部分があります。なかなか、あの若君を実写で演技できる人は少ないと思いますが、メリハリをもう少しつけた方が良いような気がします。

これから、ふたたび戦国時代に戻って若君を助けようとがんばりますが、合戦部分も出てくるのでとても楽しみです。

『アシガール』の原作

『アシガール』の原作は、森本梢子(こずえこ)さんが書かれた少女漫画です。森本梢子さんは、熊本県出身の漫画家で、佐賀大学を卒業されて、1985年に『YOU』掲載の「抱き寄せてプロポーズ」でデビューされています。主な作品には、ドラマ化されてるものが多く、

などがあります。他のさくひんもこれからドラマ化されていくかもしれません。どの漫画も、設定やストーリーがとても面白くて、森本梢子さんが作られた世界にドンドン引き込まれてしまうものばかりです。

『アシガール』の原作は、「Renta!」でも読むことができます。

Renta

『アシガール』のキャスト

  • 速川唯/唯之助 黒島結菜、足が速い16歳の女子高生、忠清に一目ぼれする
  • 羽木(はぎ)九八郎忠清 健太郎、黒羽城城主羽木忠高の嫡男、若殿
  • 羽木成之 松下優也、忠清の異母兄、寺で育つ
  • 羽木忠高 石黒賢、黒羽城城主
  • 吉乃 ともさかりえ、百姓のシングルマザー、唯を引き取る
  • 松丸阿湖 川栄李奈、松丸家の姫君、忠清の婚約者
  • 速川覚 古舘寛治、唯の父親、専業主夫
  • 速川美香子 中島ひろ子、唯の母親、医師
  • 速川尊 下田翔大、唯の弟、タイムマシーンの発明者
  • 天野信近 飯田基祐、羽木家の筆頭家老
  • 天野小平太 金田哲(はんにゃ)、信近の嫡男
  • 天野信茂 イッセー尾形、信近の引退した父親

2話以外のあらすじ

以上、「アシガール」の2話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました