ドラマ『アシガール』の11話のあらすじ(ネタバレ)と動画を見る方法と感想

ドラマ『アシガール』の11話「走りぬけ!愛のために」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク

『アシガール』11話のあらすじ

若君・忠清(健太郎)は、尊が作った金の煙玉によって唯(黒島結菜)高山の長沢城から救いだします。

一方、黒羽城では、成之(松下優也)が阿湖姫(川栄李奈)から、忠清が唯を助けるために高山城に潜入したと聞きます。そして、阿湖姫は、成之に何とかして助けてくれと頭を下げます。

成之は、城主の忠高(石黒賢)と天野信近(飯田基祐)、小平太(金田哲)にそのことを告げます。信近と小平太はすぐに責めようといいますが、成之は、忠清の正体がばれるのでそれはまずいといって、小垣城に行って情勢を探るのがいいといいます。さらに、小垣城には自分を行かせてくれと頼みます。忠高は、小平太とともに行けと命じます。

 

忠清と唯、悪丸は、小垣城に向かって山の中に入ります。忠清は川沿いに歩けばつくと思っていましたが、迷ってしまいます。

そのころ、高山城では、黒羽城に放った間者から、忠清と唯だったことがばれてしまいます。怒り狂った高山宗鶴(村田雄浩)は、すぐに追っ手を指しむけます。

忠清たちは、山の中に寺を見つけて身を寄せることになります。とりあえず食事をさせてもらうと、忠清がすぐに出るといいます。住職がこのあたりはくまが出るからやめておけと言ってると、如古坊が現れます。住職は、如古坊は先代の住職を尋ねてしばらく前にやってきたといいます。そして、如古坊はふもとには高山の兵がいたといって、忠清をかくまったと知られたら和尚が危なくなるからすぐに出て行けといいます。

しかし、和尚は、仏に仕えてるので、目の前で難儀してるものを助けるだけだと言って、ゆっくり休んでくれといいます。そして、忠清は奥の寝間に、唯と悪丸は物置小屋のところに連れて行かれます。

夜中、寝相の悪い悪丸のおかげで目が覚めて部屋の外に行くと、忠清が出てきます。二人で話をしてると、唯がせっかく助けに来てくれたのにこんなことになってしまったと謝ると、忠清は、

「お前を助けに行くよう、送り出してくれたのは阿湖姫じゃ。お前を助けるのはわししかおらぬと。お前を思うわししか」

「おまえをって・・ほんとに?」

唯は後ろを向いて気合を入れます。そして、振りかえって、

「わたし、長沢城でずっとおもってます。明日しぬかもしれない。結婚させられるかもしれない。何が起きるかわからない。こんなことなら、もっと早く腹を決めてれば良かった。次に若君とチャンスがあったら絶対逃さんぞと・・」

「ははっ、まるで敵陣に切り込む勢いじゃの。はは・・」

恥ずかしくなった唯は後ろを向いていこうとしますが、忠清は唯の腕とつかんで後ろから抱きしめます。そして、

「笑ろうて悪かった」

と言って前を向かせて、唇を近づけようとします。すると、如古坊が「おい」と言ってやってきます。高山の兵が上に上がってきてるといいます。和尚もやってきて、もうひとりの坊主がちくったんだと言います。3人はすぐに寺を立ちます。如古坊が道案内をすることになります。

 

4人が山の中を進んでいって、途中で休憩すると、如古坊は成之に始末されそうになったのでもう戻るところがないといいます。それでも唯は如古坊を信じないというと、如古坊とにらめっこになってしまいます。如古坊が水を探しに行くと、羽木勢と高山勢が川をへだてて対陣してるのが見えます。そして、山に隠れてる兵もみえます。羽木の兵を誘い込んで伏兵で全滅させようという布陣です。

唯がすぐに知らせに行かないと戸走り出すと、「もう遅い」と忠清が一括します。そして、高山に降るといいます。高山に忠清がいることを知れば、うかつに羽木は攻めかからないから、大丈夫だといいます。

「そんなのだめにきまってるじゃないですか」

と言った唯は、ここから羽木の陣地までどのくらいあるかを如古坊に聞きます。3里ほどだと聞くと、高山にまぎれて、隙を見て羽木にしらせにいくといいます。忠清は、「許さぬ」と怒ると、唯は「うーん、わからんちん」と言って、悪丸にでんでん丸を使わせて忠清を気絶させます。

悪丸は忠清を負ぶって、3人で歩き出します。途中で唯は別れて高山の陣地にもぐりこみます。

 

羽木の陣地では、相手の出方を怪しいと感じてる成之に、小平太が「戦いが恐ろしいのでは?」と文句を言っています。そこに、高山にもぐりこんでいた間者が帰ってきて、忠清は高山から逃げ出して山の中にいることがわかります。さらに、高山から使者がきたと連絡がきます。

 

唯は、でんでん丸を使って足軽のよろいを手に入れてもぐりこむことに成功します。

すると、坂口がやってきて、唯之舞台の武将に話しかけます。坂口は偽の使者を成り行きに出したといいます。成之は軍を束ねる力はないので、話に来たところを鉄砲で撃って、一気にやっつけてしまえると笑いながら話をしています。

そこに、成之が陣を出たと知らせが入ります。

唯が顔を上げると、成之が武将達を引き連れてやってくることを目にします。

スポンサーリンク

たまらなくなった唯は、なりふり構わず走り出して、「来ちゃ駄目だと」叫びながら川の中に入っていきます。成之や小平太たちも唯だと気づきます。あと少しで着くというところで、高山からの鉄砲に撃たれて唯は川の中に倒れてしまいます。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ『アシガール』は、U-NEXTのNHKまるごと見放題パック(990円/月)で見れます。U-NEXTには31日間無料お試しと、初日に600Pプレゼントがあります。それを使えば、400Pを購入してNHKまるごと見放題パックで見ることができます。

どちらにしろ、U-NEXTはかなり使いやすい動画配信サービスなので、こちらから詳しいことをご確認ください。

クリックしてU-NEXTに行く!

『アシガール』11話の感想

おもしろかったですね。成之がやっと、阿湖姫と唯、若君の愛の力を知って改心をしてくれます。やはり、寂しさ、憎しみ、つらみを消してくれるのは、愛の力以外にはないのではないでしょうか。愛しあってる当人たちにはわかりませんが、周りへのエネルギーの放射がすごいことになってると思います。「愛とは決して後悔しないこと」という映画の名セリフもありましたが、愛の力を信じていれば、いろいろなことが解決できるような気がします。

『アシガール』の原作

『アシガール』の原作は、森本梢子(こずえこ)さんが書かれた少女漫画です。森本梢子さんは、熊本県出身の漫画家で、佐賀大学を卒業されて、1985年に『YOU』掲載の「抱き寄せてプロポーズ」でデビューされています。主な作品には、ドラマ化されてるものが多く、

などがあります。他のさくひんもこれからドラマ化されていくかもしれません。どの漫画も、設定やストーリーがとても面白くて、森本梢子さんが作られた世界にドンドン引き込まれてしまうものばかりです。特に、「アシガール」は、今も連載されていますが、めちゃくちゃ面白いです!

『アシガール』の原作は、「Renta!」でも読むことができます。

Renta

『アシガール』のキャスト

  • 速川唯/唯之助 黒島結菜、足が速い16歳の女子高生、忠清に一目ぼれする
  • 羽木(はぎ)九八郎忠清 健太郎、黒羽城城主羽木忠高の嫡男、若殿
  • 羽木成之 松下優也、忠清の異母兄、寺で育つ
  • 羽木忠高 石黒賢、黒羽城城主
  • 吉乃 ともさかりえ、百姓のシングルマザー、唯を引き取る
  • 松丸阿湖 川栄李奈、松丸家の姫君、忠清の婚約者
  • 速川覚 古舘寛治、唯の父親、専業主夫
  • 速川美香子 中島ひろ子、唯の母親、医師
  • 速川尊 下田翔大、唯の弟、タイムマシーンの発明者
  • 天野信近 飯田基祐、羽木家の筆頭家老
  • 天野小平太 金田哲(はんにゃ)、信近の嫡男
  • 天野信茂 イッセー尾形、信近の引退した父親

11話以外のあらすじ

以上、「アシガール」の11話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

  1. 匿名 より:

    いつもありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました