ドラマ「anone(あのね)」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画。亜乃音と舵とるい子とハリカが共同生活?

ドラマ「anonne(あのね)」5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。理市(瑛太)は、亜乃音(田中裕子)の娘・玲(江口のりこ)と結婚の約束をしながら、妻の結季(鈴木杏)と娘と共に暮らす二重生活を送っています。一方、亜乃音の元には、一千万円持ち逃げしたにも関わらず盗まれてしまったるい子(小林聡美)が、舵(阿部サダヲ)とともに謝罪に訪れます。行き場のない二人を受け入れた亜乃音の家で、四人の奇妙な共同生活が始まります。

スポンサーリンク

5話のあらすじ

4人が家族に?

るい子(小林聡美)は舵(阿部サダヲ)とハリカ(広瀬すず)に連れられて、亜乃音(田中裕子)のところに謝りに行きます。そして、警察に自首するというのを、「そういうの、もういいですから」と半分怒っていいます。とりあえず、舵が焼きうどんを作ってみんなでたべます。そこで亜乃音は、もしもるい子が警察にいったら偽札のことはどうするつもりかと聞いて、ばれたら弁護士事務所の仕事もクビになってしまうといいます。

そこに、弁護士事務所の所長の花房(火野正平)がやってきます。釣った魚の料理を振舞ってくれると約束してくれてたみたいです。急遽、るり子は亜乃音の妹、舵はるり子の夫、ハリカは二人の娘になることにします。ところが、すでに亜乃音は花房に赤の他人だと話しています。なにもしらないハリカはその計画を亜乃音に伝えると、亜乃音は正直に英に伝えます。亜乃音が好きな花房はその芝居に乗ってあげようと言います。

それから花房は料理を作ってくれて、みんなで仲良く飲みます。たくさん飲んだ花房を送っていってあげたあと、舵とるり子は亜乃音の家に泊まります。翌朝は、4人で歯磨きをします。そのことを彦星君に伝えると、「よかったね。ハリカちゃんが」といってくれます。ハリカは、彦星君の病気や治療法のことを調べて、「いつかは・・・」とおくると、いつかなんて遠すぎるといいます。電球のようにいつ終わってしまうのかわからないから、ハリカの話を聞くのが一番の楽しみだといって、亜乃音やるい子が好きになったといいます。そして、「いつかは」の話はもうしないでくれと言われます。

その日から、ハリカは面白い話だけを彦星君に伝えます。舵が実写のセミがプリントされたパジャマを買ってきて、みんなが反対して雑巾になったこと、るい子が風邪を引いて可愛いくしゃみをしたこと、亜乃音といっしょに買い物に行ったことなどを伝えてると、いきなり彦星君がログアウトします。ハリカがよびかけてもそれ以上は答えが返ってきませんです。

理市が偽札作りを成功?

その頃、中世古理市(瑛太)は、偽札作りが成功して部屋の中でひとりで喜んでいます。翌朝、理市が家に帰ると「やっと朝がきたんだ。これからはじまるんだ」とねてる奥さんに話しかけます。

亜乃音の工場では、舵が印刷機を見ています。るい子が偽札を作るのは無理だというと、印刷の仕事ができるんじゃないかと話します。事務所で本を本出ると、ふらっと倒れ掛かりますが、そこに理市がやってきて助けてくれます。理市は前に務めていたと自己紹介します。

ハリカはしごとが終わって彦星君の病院にみにいくと、いつも寝ていたベッドが片付けられています。ハリカはすぐに病院に行って、受付で彦星君のことを聞きます。肺炎になって集中治療室に入ってるということです。さらに、父親が会いに来たけど、どうせあえないしレストランを予約してるからと言って帰っていったと聞きます。急いで病院の外に行きますが、母親と弟と3人で車に乗っていってしまいます。

彦星君がいなくなった?

亜乃音はハリカに電話をしていましたが、全然電話に出ないので心配になってバイト先に行こうとします。すると、ハリカから電話がかかってきます。前の友達に会ってカラオケに行くので帰れないということです。亜乃音は、1個だけいいかなといって、「ここはもういくところじゃなくて、ここはもうハリカちゃんが帰るところだからね。今度は行くじゃなくて、帰れないといいなさい」といいます。ハリカが「今日は帰れない」というと、どこにいるのか聞いてすぐに亜乃音は飛んでいきます。

ハリカは病院が見える道にずっとたって、暗くなってる彦星君の部屋を見ていたんです。ハリカは、なにもできないからここにいなくても良いといいながら、「ちょっとわたしに似てる人」があの部屋にいると説明します。彦星君の親はレストランに行ってて、それもハリカといっしょだといいます。そして、医者じゃないから治して上げれないし、お金もないから、ここにいなくても、レストランで食事をしていても、関係ないし、何もできないといいます。だから、何もできないから帰ろうと歩き出しますが、亜乃音は、ハリカの腕を取って元の場所につれてきて、

「ここにいなさい。なにもできなくてもいいの。その人を思うだけでいいの。その人を思いながら、ここにいなさい」

と抱きしめながらハリカに伝えます。ハリカはなきながら、その場所に立ち続けます。

明けがた、彦星君の部屋に明かりがついて、彦星君がかえってきます。それを見たハリカは笑顔になって、近くの公園のベンチに座ってた亜乃音のところに走っていって、

「彦星君、目を覚ましたよ」

といって抱きついて泣き出します。亜乃音も抱きしめながらつぶやきます。

「あなた、ちょっと前髪長すぎじゃないの?」

スポンサーリンク

二人が家に帰ってくると、舵とるい子が朝食をつくってくれて待っていてくれます。昨晩の残りのとんかつです。ハリカは、別人のように肉屋さんの売り出しののぼりの話とか、しゃっくりの話とかをずーッと楽しそうに話しています。

そのあと、亜乃音はハリカの前髪を切ってあげます。その途中、ハリカは寝てしまいます。その寝顔をるい子や舵が見て、昔の話とかまるで家族のような話をします。舵は二人のために布団を引きに行きます。

理市が舵に印刷を教える?

ハリカが目を覚ますと、前髪が亡くなってることに気がつきます。そして、すぐに彦星君にメッセージを送ると、返事が返ってきます。ふたりとも、なにもなかったように話を始めます。彦星君は夢の中でハリカがやってるパン屋さんに行ったことを教えてくれます。その夢の中で明日のことを考えたのがすごい久しぶりのことで、ずっとそのことを覚えていたといいます。そして、「明日は」「いつかは」「いきていたい」とかんがえるようになって、ハリカにいつか会いたいと思ってるかもしれないと伝えます。

ハリカも、もういちど彦星君にあって流れ星をみたいとかえすと、いつかは理科に会いたいと思って毎晩目をとじると彦星君はいいます。

舵が亜乃音に印刷の仕事をしたいというと、理市に教わればいいといいます。亜乃音はすぐに理市に電話をして印刷の仕事を舵に教えてあげてくれといいます。

その日の夜、舵はなべを作ってくれます。ハリカは初めてのなべです。舵はみかんを入れようとすると、亜乃音とるい子に止められます。舵がみかんなべはおいしいというと、ハリカにとっての初めてのなべだから普通のなべにしてくれとるい子が怒ります。さらに、セミのパジャマで作った雑巾がなべの上にあって一同はびっくりします。

しばらくして、ちょうどなべができたところに理市がやってきます。食べながらという亜乃音に、はじめに仕事の話をさせてくれといいます。そして、理市は一万円札をみんなの前に1枚ずつ出して、一万円札の説明を始めます。亜乃音がとめようとすると、なくなった亜乃音の夫の京介(木場勝己)にも関係があるといいだします。実は、京介と二人で偽札を作っていたと話を続けます。そして紙幣の識別樹を出して中途半端に印刷した偽札を通して見せます。エラーは出ませんです。理市は、すっと立ち上がってみんなの眼を見て宣言します。

「今日ここにお邪魔したのは、皆さんに偽札作りに協力していただくためです」

(⇒6話のあらすじ

ドラマ『anone』の1話から最終回までの全話を、Huluという動画配信サービスで見れます。Huluは月額1,026円(税込)で日テレのドラマや映画、海外ドラマなどを見れます。

Huluは2週間の無料お試しをしていますので、その期間中に無料で見れます。くわしくはこちらから。

Hulu公式サイトはこちら ≫

坂元裕二さんのシナリオ

ドラマ「anone」の脚本の坂元裕二さんは、今までのドラマで書かれている脚本をシナリオとして出されています。とくに、カルテットを読んだ人から絶賛の声が上がっていますので、時間ありましたら読まれてみることをおすすめします。

キャスト

  • 辻沢ハリカ 広瀬すず、ネットカフェに住む少女
  • 為貝真砂子 倍賞美津子、ハリカの祖母
  • カノンさん 清水尋也、チャットゲーム中の知り合い
  • 碓井玲菜 笠木有紗、ネットカフェ仲間
  • 網島美空 北村優衣、ネットカフェ仲間
  • 林田亜乃音 田中裕子、法律事務所所員
  • 林田京介 木場勝己、亜乃音の亡くなった夫
  • 青島玲 江口のりこ、亜乃音の失踪してる娘
  • 花房万平 火野正平、法律事務所所長
  • 持本舵 阿部サダヲ、カレーショップ店長
  • 青羽るい子 小林聡美、謎の女
  • 中世古理市 瑛太、謎の男

各話のあらすじ

以上、ドラマ「anone(あのね)」の5話のあらすじ(ネタバレ)と動画と感想です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました