ドラマ「4号警備」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは伊藤蘭!

ドラマ「4号警備」の4話のあらすじ(ネタバレ)や感想などをまとめます。窪田正孝さんと北村一輝さんのコンビが贈る新しい警備会社のドラマです。かなりおもしろくなりそうです。4話のゲストは、伊藤蘭さんです。市長選に立候補するようです。

スポンサーリンク

ドラマ「4号警備」4話のあらすじ

朝比奈(窪田正孝)、石丸(北村一輝)、上野(阿部純子)は、市長選に立候補した熊田典子(伊藤蘭)の身辺警護をしています。現職側からだと思われる嫌がらせが相次いでおり、警護を依頼されたんです。

熊田典子は、立候補したのが夢だったと話します。長年、教師だった典子は、市長になって心から笑える街をつくりたいということです。そんな話をしてるところに、トラックが突っ込んできます。朝比奈のとっさの行動でけが人は出ませんです。警察に通報したらと石丸が提案しましたが、「弱い印象を与えたくない」と、事務長の甲本(高橋光臣)は強気で、「敵の卑劣な手に屈してはいけない。絶対勝つぞ!」とゲキを飛ばします。

池山部長(片岡鶴太郎)は、先日の行き過ぎた警護で警視庁に呼び出されます。その時に、朝比奈の恋人にストーカーをしていた男が2週間後に仮釈放されると耳打ちされます。恋人の命を奪ったストーカーは、3年で仮釈放されます。

朝比奈と石丸は、おかしなことに気が付きます。先日のトラックの襲撃も誰かに動画を撮られていて、ネットに拡散されています。敵対する現職がこんなことをしてもメリットがないんじゃないかと話します。そう話しながらお弁当を食べてると、典子の怒鳴り声が事務所から聞こえてきます。

二人が行ってみると、今までの嫌がらせは、すべて事務長の甲本が仕組んだことだとばれていて、それに怒っていたんです。つまり、自作自演して現職の仕業に見せかけて評判を落とす作戦です。甲本は、自分の土建会社が市ともめ事を起こして、仕事が激減しています。典子が市長になれば、何とか盛り返せると思って、汚い手を使ったということです。

そのことを知ってるのは、典子と、朝比奈達3人だったので黙っていてくれとお願いされますが、典子は甲本に出て行けと言います。朝比奈は会社に戻ってそのことを報告しましたが、典子からは何も言ってきていないので、身辺警護は持続させることになります。

翌日、選挙事務所に行くと、自作自演のことがばれていて貼り紙や落書き、チェーンファックス、電話などの嫌がらせが洪水のように来ています。数人の暴漢も事務所に乱入しますが、上野由宇(阿部純子)が、自分がされたことを思い出して、

「あんたらみたいに、弱いものにしか文句を言えないやつに、わたしは負けない!さっさと帰りやがれ!このくそやろー!」

と啖呵を切って追い返します。

文句の描かれたファックスが散らばった室内を見渡しながら、典子はつぶやきます。

「夢を語って何がいけないのよ。40年間がむしゃらに教師をしてきた。私のすべてをささげてきたわ。でもね、定年を迎えて、ふと周りを見渡したら、何にもなかった。なんにも・・・夫には先立たれて子供もない。やりたいこともない。何にもなくなった。ようやく見つけた夢だったのよ」

それを聞いた朝比奈は、

「典子さんはどうしたいの。俺たちは警備員だから、典子さんが続けたいって言うんなら、おれは、守るよ」

スポンサーリンク

「勝ち目のない戦いだってわかってるわ。でも、勝ち負けの問題だけじゃないの。自分の夢の落とし前は、自分でつけたい。残された時間で一人でも多く、信頼を裏切ってしまった人たちにあやまりたい。でも、ひとつだけおねがいがあるの」

そのお願いとは、多少の被害を受けても、謝罪をしているあいだは手を出すなということです。謝ってる典子を、猟師のおじさんたちは突き飛ばしたり、無視しますが、3人は何も手を出すことができませんです。

それを見ていた朝比奈は、事務長だった甲本を呼び出します。そして、「演説を中止しないと命の保証はない」という一枚の脅迫ファックスを見せますが、「おれは、陣営を離れてから何もしていない」と答えます。

朝比奈は、典子はまだ戦ってると言った後に、

「こんなこと言う立場じゃないけど、アンタ逃げてるだけだよ。明日が最後の演説だから」

と言って帰っていきます。

最後の演説のとき、多くの人が集まってる中、いろいろなものが投げられますが、朝比奈達3人が何とか警護をして演説の舞台まで行くことができます。

「過ちと向き合える大人になりなさい。もし、過ちを悔いる心があるなら、決して逃げてはいけない。今回のことはすべて、熊田紀子の責任です。このたびは本当に申し訳ありませんでした」

そして、深々と頭を下げます。すると、甲本がやってきて、典子に謝ります。典子は、

「今度はあなたの番よ。あなたなりの落とし前をつけなさい。困ったときはいつでも助けるから」

甲本は泣き崩れます。

演説会が終わると、「4号警備ありがとうございまいした」と言って、笑顔で車に乗って帰っていきます。

(⇒ 5話のあらすじ

ドラマ『4号警備』は、U-NEXTの

  • 各話 110円
  • NHK特選見放題パック 990円/月

のどちらかで見れます。

U-NEXTは31日間無料お試しと、初日に600Pプレゼントがあります。それを使えば、全7話の『4号警備』は、2話分だけポイント購入(200円)か、400Pを購入してNHK特選見放題パックで見ることができます。

どちらにしろ、U-NEXTはかなり使いやすい動画配信サービスなので、こちらから詳しいことをご確認ください。

クリックしてU-NEXTに行く!

ドラマ「4号警備」のキャスト

  • 朝比奈準人 窪田正孝、警備員
  • 石丸賢吾 北村一輝、警備員
  • 上野由宇 阿部純子、ストーカー被害者
  • 池山幸雄 片岡鶴太郎、警備部長
  • 本田薫 木村多江、社長
  • 金沢茜 濱田マリ、経理
  • 遠藤恵輔 高木渉、リーダー
  • 江本六郎 麿赤兒、ジムのオーナー
  • 山田剛志 神戸浩、ジムの清掃員
  • 松下楓 久保田紗友、石丸の娘
  • 小林三喜男 賀来賢人、?

各話のあらすじ


コメント

タイトルとURLをコピーしました